ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年09月の記事一覧
≪08month
This 2005.09 Month All
10month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会/政治系ニュース聞き書き 
2005.09.30.Fri / 18:11 
判断の背景や細部まではこの記事ではよくわからないものの、ざっと読んだ範囲では正しい判断なんじゃないかと。
「痴漢事件の再現写真、証拠能力なし…最高裁が初判断」
とっさに「ナニ!?」とか反応してしまいたくなるけど、これまで耳にしてきた冤罪の悲劇なんかを思い起こすと、今回の最高裁の判断はバランス的に正常だと思う。
証拠能力はなくたって説明に使えなくなるわけではないだろうし。


これにもついでに拍手。
「小泉首相の靖国参拝は違憲…大阪高裁が高裁初判断」
参拝賛成派からブーイングが出てるようだけど、小泉さんはこの際、「他国とは比較にならないほど厳格に政教分離を求める憲法上、違憲という扱いになるなら仕方ない。以後は慎もう」とか何とか称して靖国参拝をやめたらいいんだよ。
中国政府なんかの、独立国家に対するデリカシーのまるでない内政干渉的圧力に屈して・・・という形にならない分、日本の名誉には傷はつかない。

もし傷が付くものがあるとしたら、それは小泉さん個人の、保守派支持層からの支持だけ。
小泉さん自身が今の「改革期待派」人気、みたいなものに依存して、保守派頼みを抜け出す決意が持てるのなら、シフトするにはいい機会なんじゃないでしょうかね。
もちろん、そこまで記者会見なんかで鮮明に言う必要はない。
それとなく方針転換をにおわせつつ、煙に巻きつつ、お得意のキャッチフレーズで聴衆のハートをつかみつつ、ああもう参拝はしないっぽいな、と思わせておいて、実際にしない、というバランスが一番いいでしょう。


そういえば政治つながりで思い出したけど、日記更新が中断してるあいだに死んだ後藤田正晴
僕は彼には深い敬意を抱いていました。
力量や存在感では土井たか子、菅直人に並ぶ。
保守穏健派、みたいな立ち位置の関係上、彼からは大きな変化は期待できなかったものの、党派を超えた人望、なんて意味では逆に今の菅さんをはるかに凌ぐ。
検索していたところ、ぐうぜん菅さんのネット日記にも出てきてるのを発見。やっぱり、普段より多く言葉を割いて語ってるね。

彼の死は、91歳という年齢からいってしょうがないとは思うものの、最後の最後まで頭脳を衰えさせることなく日本政府の平衡器みたいな役割を担い続けた人だと思うだけに、見えない影響が絶大なのじゃないかと思う。
盲目的な右傾化傾向に流されていく政治家や国民が目に付きだしている時期だけに。
彼がもし、力量のままに自民党総裁選に出馬して勝っていたら、自民党の体質は多少なりとも変わっていたんじゃないかなあ。
そのチャンスが巡ってきたのは、元・警視庁長官という異色のキャリアゆえに70歳くらいになってからだったと思うけど、それでもやっぱり、出馬してほしかった。
そこで回れ右してしまうのが、彼のよさでもあり、器の大きさに比較した場合の物足りなさでもあるんだと思うけど。


アメリカという国はおかしい。
「開示拒否のNYタイムズ記者釈放、大陪審で証言へ」
マスコミがマスコミの良心に照らして、取材源について黙秘しようとすることが、法廷侮辱罪になる国。
取材源自身が「証言していいよ」と促すという、絵に描いたような灰色決着で落ち着いたということのようだけど、こんなケースは前例にさえならない。
というより、前例にしてはいけない。
アメリカという国家の、手前勝手ないかがわしさが丸出しになった汚い汚い事例。

記者個人に関していえば、孤立無援に近い中をよく頑張って、長らく針の筵に耐え抜いてきて、問題をここまで大きくしたという功績の方がはるかに大きい。
だからこういう形の決着に妥協したことを責められないと思うけど。
僕はこんなものは見たくない。
アメリカという国の救いがたい独善が、このケースにはよく表れていると思う。


こんなものは、やる気さえあれば簡単な立法で片が付く。
「政治資金:使途不明1000万円超の議員、首相ら45人」
使途不明金は同額を弁済義務、とすればいい。
弁済された罰金は、歳入の一部として再利用する。
それだと身代がつぶれる貧乏議員もいる、なんてバカな反論をするヤカラもいるだろうけど、そんな馬鹿なことはない。
使途不明金をびた一文出さないよう、厳密に出納記録を付ければいいだけのことなんだから。

そういう立法をやらないのは、やる気がないから、じゃないのかな?
小泉さんも、もしやる気があるんなら、今は大きなチャンスだよ。
「使途不明金は、同額を弁済義務」。
やれよ。小泉。


ほんとによかった。
「ジャストが逆転勝訴 『一太郎』アイコン訴訟」
「一太郎」シリーズは日本の誇るべきソフトの1つだろうと思う。とかいいつつ、僕は自分で使ったことはないけど。
Wordに侵食されてばっかりじゃ面白くない。
日本語のことは日本人が一番よくわかる。
外国企業の日本支社より、日本の土着会社の方がいい。
そのことは、マイクロソフトの日本語変換ソフト(なのかな?)「IME」の変換のヘタクソさ加減を見ていてもよくわかる。

単純なところでは、たとえば「意志」を、なぜか主に法律の用語であるはずの「意思」と真っ先に変換するものだから、これを正しい漢字だと思い込んでしまう人もたまにいるようだ。
それにカタカナの短い単語、たとえば名詞「テレコ」なんてのを新規登録しようとすると「もう登録されている」とか何とか抜かして、そのくせいざ「テレコを使って」なんて書くと候補の中には「テレコを」という変換は決して出てこない。
ほかにも・・・ああなんだっけ?思い出せないのがもどかしい。
日本語の初歩の初歩みたいな、プログラミングのプの字も知らない門外漢の僕でも「これくらいはほんのちょっとの工夫でクリアできるだろ!?」と思ってしまうような、センスのない変換には事欠かない。

とにかく、「一太郎」が滅びなくてよかった。
前の裁判で販売停止処分と聞いたときには、裁判官を国家反逆罪で死刑にしろと思ったもんなあ。(しみじみ ←過激派

※※※※※


昨日はせっかく11時に起きたものの、夜は朝7時近くまで眠れなくて、今朝はあえなく午後2時近くまで眠ってしまった。
午後は宮里が出ているゴルフ中継を見ながらギターと思っていたら、宮里は早朝スタートでもうホールアウトしてる、という拍子抜けなアナウンスから放送が始まってガックリ。(汗
それでも気を取り直してギターを弾こうとしたら、いきなりいいアイディアが降ってきて、とりあえずフレーズのみ録音・・・しようとしたら、テレコの録音ボタンを押し損ねて、再生中のテレコに向かって一生懸命吹き込んでしまった。(涙
しかもテレコの電池が切れかけで、大急ぎで電池を入れ、思い出し思い出ししながら録り直したものの、初回のテイクほどの新鮮さは望むべくもなく。
アイディアってものは、どういうわけか鮮度が落ちるとダメになる。

まあそれでも有望なアイディアには違いないんだし、録れたこと自体はよかった。
その後は、そのアイディアを曲にするのか、それともひとまずギターを練習するのか、でもそもそも宮里がプレーしてないんじゃゴルフ見る必要もないわけだし、なんて埒もあかないことを悶々と考えるうちに午後5時になって中継は終わった。(笑)
まあゴルフ中継は明日明後日もあるみたいだし(?)またがんばります。
そして今からは70分ウォーキングに行こうと思う、相変わらずな晩夏の宵の口。(沈
スポンサーサイト
* テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記 *
久々に長々と近況報告 
2005.09.30.Fri / 03:58 
先日のWさんとの電話で、治療の細々とした不安事項やら何やらを確認して、いちおう精神的には落ち着きを取り戻し、このところは例のPHP学習を中心に暮らしてます。
とりあえず、「とにかくだるい」のと「鬱」、および鬱に付随する「不眠」は、現段階では過渡的な状態として受け入れるほかはなさそう。
身体の変化が進んでいくときには腎機能が酷使されて、その結果としてだるくなるが、腎機能をさらに上げるためには身体の変化を待たなければならず、そのためには次回の治療のある10月半ばまで待たねばならない、という特に耳新しくもない理由が1つ。
鬱についていえば、前回の治療中にも説明された頭に残る根強い大きな硬結(身体の可動性が失われて硬くなっている部分。東洋医学の用語)が「溶かし」きれていないので、予期されていた範囲の問題で、予想以上に悪いというには当たらない、ということのようでした。

体調を維持するためのメニューに関していえば、全身乾布摩擦は一日も欠かさずやっている一方で、いろいろの兼ね合いから70分ウォーキングは数日間まとまってインターバルが空いてしまうことが2度ほどあった。
でもそれも、今日までの1週間なんかはだいぶ持ち直して、一昨昨日と今日休んだだけで7日中5日は歩いているから、まあまあ悪くはない。
2週間ほど前に借りてきていたシンディ・ローパーのベストアルバム「エッセンシャル」だったかな、そういうのをポータブルMDで聴きながら、例のサイレント指ドラムでひたすら16分の裏を叩いてみたりしながら歩いている。


シンディ・ローパーは今回初めてちゃんと聴いたけど、とても魅力的なシンガーです。
僕が敬意を払う、または敬意は感じなくても音楽的に好む(←ここには大きな較差があるのです実は)アーティストたちの多くが、絶大な影響を受けてるんじゃないかと感じた。
川本真琴、CHARA、アラニス・モリセット、あたりはもう確実に。
同時代のスターといっても、マドンナなんかとは比べ物にもならない・・・と、マドンナをまったく評価できていない今現在のところはそう思っている。
シンディ・ローパーという人はどういうわけか、広く浅く誰にでも尊敬されすかれている印象がある一方で、「ぜひともシンディを聴け!!」と情熱的に推す人は意外といない、ようなき気がする。
あんなに魅力的なのに、ある意味で普遍的でありすぎるのかな。
でもとにかく、とてもいいアーティストなので、「エッセンシャルなんとか」ぜひともお薦め。(笑)・・・あ、後でここにはアマゾンへのリンクも張っとこう。(追記:「エッセンシャル・シンディ・ローパー」でした)


PHP学習は、亀の歩みながらもわりと順調。
つまらないところで延々と引っかかってしまうことが多いのは、この分野に対する適性のなさかもしれないけど、お手上げにはなってないんだから上出来というべきでしょう。
せっかくかなりのところまで作りかけてきてしまった、ブラウザ上で機能する多機能テキストエディターみたいなものがあるので、この際これを完成度の高い商品レベルまで高めてみよう、というのが目下の情熱です。
経済的なことも含め、問題は山積みだけど、あっちこっち目移りしてみたってしょうがない。
なるべく希望的な面を見るようにして、まあまあ、頑張っているところ。

音楽は相変わらずの弾き語り修行。
身体のコンディションによって練習の質自体が乱高下してしまうのが困りものです。
まさに今日なんか、長らく悪化の一途をたどってきた昼夜逆転になんとか抵抗して11時に起き、マリナーズの今季最後の中継を見ながら練習していたものの、声は出ないわリズムは取れないわで散々でした。
明日からは、宮里が出ている午後のゴルフ中継を見ながら練習しようかと目論んでいるところ。
今やっているような取り組みの内容では、なまじ集中して根を詰めすぎるよりも、何かでほどほどに気を散らしながらの方がむしろいい、という手応えがあるから。
体調的にも、変に根を詰めたらたちまちくたびれてしまう、という事情もあるけど。(弱
とりあえずはこんな調子で、10月半ばの次の治療までの日々を凌いでいくつもりでいます。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
市原ひかりとダイアナ湯川 
2005.09.24.Sat / 18:58 
番組に漂うニセモノの品位みたいなものが嫌いで滅多に見ない「ミュージックフェア21」
今日、チャンネルを変えてるうちに珍しく気になって見始めたところ、素晴らしい大当たりでした。
番組がどうこうじゃなく、演奏がよかった。

中でもびっくりしたのが市原ひかりというトランペッター/フリューゲラー(?)の、特にフリューゲル。
すごい内省的な響きで、デパペペの2人は「声のよう」だったか「歌のよう」だったか言っていたけど、まさにその通りの音色でした。
本人も、演奏の技巧的な部分以前にある「音」をとても大事にしているらしきことをインタビューで口にしていたけど、きっと文字通りそうなんだろうな。
その他、バイオリニストのダイアナ湯川と前述のデパペペ、尺八のなんとか山さん、それにちょっと年上の「社長」と呼ばれていたキーボードの人も魅力があった。
曲はビートルズの「レボリューション」とかやってました。

ダイアナ湯川は、僕は最近テレビ東京でやってる某・音楽番組でレギュラーを張ってる女性バイオリニストのヘタクソさ・感受性の鈍さ・驕慢さに辟易したことがあったりしていた矢先でもあり、ギャップがものすごかった。(笑)
要するに、ああこっちは本物だな、何かを生み出す演奏だな、と思った。
プロとして評価されて、ちょっと綺麗で人気がある、ってところまではまったく一緒でも、ちょっと耳がある人間が聴けばハートの有無も音楽への関わり方の真摯さも丸出しにバレるから。
ダイアナ湯川は、人気者かもしれないけど紛れもない音楽家だよ。
* テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記 *
ウォーキング強行でますます苦境に(汗 
2005.09.18.Sun / 20:07 
いきなりの失望・・・あるいは、菅幹事長では御しきれないと見たのか?内幕が見えない。
「民主幹事長に鳩山元代表を起用」
率直にいうなら、あんなセンスのない人をなぜ、という感想。
ついでにいうと、前原さんの9条がらみの改憲論には絶対反対なので、そういう点でも不安はある。

※※※※※


精神的なコンディションが悪いもんで、PHP学習をやっていて問題に突き当たったときの気分的なリアクションが非常によくない。
PHP側の機能不全、と思ってしまう。もちろん相当に考え抜いて、試行錯誤してデバッグした末のことだけど。
具体的には、単純明快なSESSION関数が正常に機能しない、という現象。
結果的にはこの問題は克服できて、いろんなセッティングとの兼ね合いもあってか(余裕がないので詳しく追究していない)セッション関数を指定するときには名称を大文字で指定すればひとまず大丈夫、ということに。
小文字だと、同名の非セッション関数が存在する場合にスクリプト上で区別がつかないらしい(僕の環境・セッティングでは)。


70分ウォーキング、9日ぶりに強行。
文字通りの難行苦行となり、日ごろ日記では「緊急避難的最短コース」などと書いているコースをさらに大きくショートカットして、それでもやや時間オーバーして帰ってきた。
記録的な過去最悪。
硬直した老人、みたいな歩き方だったような気がするけどたぶん外見にはそこまでじゃないだろう・・・ただ、目を見開いたような、ヘンな無表情に陥ってる時間が長かった。
歩いてることが苦しかった。
Wさんへのメールは検討中。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
鬱と格闘 
2005.09.18.Sun / 04:58 
僕のことが少しでもわかってしまう人というのは、往々にしてその人自身もかなりいろいろ苦しんだ経験を持っていて、その結果として今もなお苦しんでいる人々である場合が多い。
ネット越しのコミュニケーションという方法を身につけてからというもの、実生活ではなかなか接点の持てないそういう人々と関わりを持てるようになったことは僕にとってとても大きかった。
ただ、そういう人たちは自身も苦しんでいるからこそ(日常的ではないにせよ、少なくともそういう波を内包しているために)、人の力になるどころではないとき、もしくは、ここは一番自分自身のために集中せねばというタイミング、を抱えている。
日ごろ力になってくれる皆さんが、そろいもそろってそういうタイミングにさしかかっているときに僕が鬱になってしまうと、日ごろの依存傾向の裏返しで、僕は途方もない孤独感を抱きながらパソの前に座っているようなことになったりもする。

・・・で。
むやみに前置きが長かったけど、要するに、今はまさにそういうタイミングであるらしい、というのが書きたかったことで。
非常に不安定です。我ながら。今も今。
何のためにPHP学習をするのか?
本当に、たとえば音楽をしながら当座の生活も立ち行かせるというようなことを目指していく上で、PHP学習は力になりうるのか?
力になるとすれば、いま作っているPHPスクリプト(HTMLエディター)は、配布できるレベルまで粘り強く仕上げるべきなのか、それとも放置してさっさと、最初から配布を意図した別のスクリプトを作ることに挑戦するべきなのか?

あるいは、配布うんぬんではなく、手っ取り早くバイトでも探したほうがむしろ早いのか?
バイトとしては現状の身体の状態を考えれば在宅のものが望ましいけど、PHPがらみで在宅のバイトなんて聞いたこともないから困ってしまう。
体調のことは目をつぶるにしても、在宅じゃなくたってさえ、PHPがらみのバイト探しなんてことはなかなか大変だ。
それより何より、そもそも、僕はどのように生きたいのか?・・・といえば、生きたいとかそういう明確な願望がまったく持てない状況のまま無理矢理自分自身を駆り立て続けたことへの反省から僕はWさんの治療を受けるようになったわけで、悩みの堂々巡りになってしまう。
でもだからといって、そういう問題に目をつぶって完治を待つという姿勢で、本当になんとかなるのか?
なんとかなるにせよならないにせよ、僕はその結果を待つ間、いったい何をしていればいいんだ?
具体的には、HTMLエディターは仕上げるのか、仕上げないのか???


・・・こうして言葉に変えて書いてきてみると、鬱だねえ、明らかに。
この出口のない堂々巡りの論述。(笑)
明後日までにこの傾向に歯止めがかからないようなら、Wさんにまたメールを出そう。
緊急を要するようなら、電話にしてみたっていい。
とりあえず、明日はレンタルDVDのアニメ映画「キリクと魔女」を見るという予定もあるし、ギター弾き語りの練習を少しくらいやってみたっていいだろうし、PHP学習だって、惰性でも何でも、ちょっとくらいは進められるだろう。
それに、なんとしても70分ウォーキングを再開する、と。

そして明後日は薄給ながらも塾バイトがあるわけだから、自分自身の存在理由なんか深く考えずになんとかやってのけてくるだけだ。
帰ってきて、ああどうにもならないな、となったらメール。
そこまでは、必要ならひたすら耐えればいいし、気が紛れることがあれば紛らせばいい。
意味があるとかないとかは、努めて深く考えない。
「今やっていることが、経済的自立につながるかどうか」とかは度外視する。
よし。この方針で行こう。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
鹿島、勝つ/PHPでフラフラ 
2005.09.17.Sat / 23:21 
イチローの記録が大ピンチ。
「死球で200安打に黄信号 右足引きずるイチロー」
最後の打席でファストボールを右くるぶしに受けたんだとか。
ヤバいね。


なんとも気の悪い出来事。
「サツキの家入場券、タダが4万円…ダフ屋適用見送る」
無料の整理券のたぐいなら転売目的で大量入手して売ってもいい、ってわけなのか。
じゃあ僕もやろうかな。(ボソ


やった!!
「玉田が2得点 柏-G大阪評」
これでわが鹿島と勝ち点1差で、そして次節が直接対決だ(たしか)!
しかしまさかあのダメ柏がやってくれようとは、全然まったく期待してなかったよ。これで次節もし勝てば、一気に優勝争いの流れもこっちに引き戻せるかもしれない。
まさに天王山です。
まさか放送がなかったりしないだろうな。(メラ

※※※※※


夕方、一念発起して2曲弾き語ったらもうグッタリ。
課題は発見しても追加練習する余力がない。(笑)
我ながら参ったけど、それはそれでしょうがないのでPHP学習へシフト。

とりあえず、中断前からずっと取り組んでいたアップローダー兼テキストエディター・スクリプトは、この「兼」という部分で無用にプログラムがややこしくなってると痛感したのでアップローダー「と」テキストエディター、に分けることに。
とりあえずエディターの方に専念して、途中ディレクトリ操作はややこしくなるから省くという英断もあったりなど紆余曲折の末、ようやくおおよその姿が見えてきました。
これならまあ、実用にもなるし、人によっては無料配布されてたらほしくなったりもするかもな、という程度の完成度にはなったと思う。
あとは細々とした洗練化の過程とデバッグを踏めば、まあなんとかね。

ただそれだけの気力はもうとてもないので、これはこれでいいことにして次はアップローダーを形にして、さらにディレクトリ操作用スクリプトを作ったりして、そのへんで今の取り組みからは金輪際足を洗ってしまいたい。
もうそろそろ、もうちょっと野心的な方向を志すか、もしくはごく普通の「カウンター」とか「掲示板」を作ってみるべきだよ。
いつしか「高機能のHPエディターセット」みたいなものを作ろうとしてしまってることに最近になって忽然と気づいたから。(遅
もっと直截的に身になること、もしくは配布とかの新展開につながりうること、できればさらにもっと野心的な意図にエネルギーを使いたい。

さもなきゃ、PHPの技術を使ったSOHOのバイトを探すとかね。
もしそういう口をご存知の方がいたら、「こういう技術を身につけた上でなら」とか条件はいろいろあってもいいから情報よろしく。
いろいろと差し迫ってきてるので。(謎
この際、PHP以外でもいいや。


70分ウォーキングは8日連続の休み。
やむを得ないと感じるのであまり罪悪感はない。


* テーマ:今日のできごと - ジャンル:日記 *
JASRACの闇/自民党、大増税へ? 
2005.09.16.Fri / 13:04 
まったくの初耳でした。日本音楽著作権協会JASRACの闇。
「週刊ダイアモンドで、JASRACの記事が。-ふっかつ!れしのお探しモノげっき」
幹部が何千万も稼いでる、なんてあたりは、これがガセネタなら実名も出てるだけに即名誉毀損だろうから信憑性は高そう。
悪辣な取立てに関する記述もすごく具体性が高い。これがすべて事実なら、まったくシャレにも何にもなりません。
というか、・・・犯罪に近い?(汗

困るなあ。
こういう組織は絶対的に必要だと思うのに、内幕がこんな状態なんだとしたら。


日本女子バレーの至宝が始動。ようやくのことで。
「栗原はVの開幕から出場 バレーの五輪代表」
この件により、当分は僕はアンチ・NEC(企業としての。チームではなく)決定です。
企業イメージっていうものがどういうことによって上がり、どういうことによって下がるものか、を多少なりとも学ばせてやりたいから。(無理


自民/小泉に投票した人は、とうぜん織り込み済みだから問題ないわけだけど。
「定率減税:07年にも全廃の公算強まる 税制改革の布石に」
これを皮切りに、いよいよ始まるよ大増税。(苦
かつて橋本竜太郎が自民総裁だったときも、いかにもあの人らしく「今度の選挙で勝ったら消費税を3%→5%にアップ」と明言して選挙に臨んで勝利したことがあったっけ。
滑稽だったのはその後。
橋竜が予告通りに消費税率アップの準備に取り掛かったら、その途端に支持者どもからブーイングの嵐。(笑)

今度はまさかそんなバカなこともあるまいけど、ストップ・小泉(だけ)のために民主に投票した僕のような人間にしてみれば、やりきれない。
困ったものではあります。

※※※※※


昨日は70分ウォーキング休み。これで1週間連休。
ただ、Wさんにウォーキング以上に優先して、と指定された全身乾布摩擦は1日も休まず続けている。
それから、昨日は作業効率こそ低かったもののPHP学習を再開できた。

でも今日はあえなく午後2時半起床。(涙
11時に起きて、大リーグ~Jリーグの放送を見ながら3日ぶりにギター、という予定があえなく崩れ去ってしまった。
起床後の体調はそんなにだるくもないけど、正直、かなり大きな失望。
ただJリーグ放送はまだ前半終わりあたりだったので、わが鹿島が神戸に4-0で快勝するのを目撃できたのはよかった。
なにやらいっぱいいっぱいな日々が続きます。(沈
ホワイトバンド? 
2005.09.16.Fri / 04:06 
信憑性のほどは知らない。ただ、注意深く検討する必要があるのは確実。
「『ほっとけない世界のまずしさ』をほっとけない ホワイトバンドの問題点」
多数のタレントが賛同してるようだけど、日本と外国とでは実態にギャップがあったりとかいろいろあるらしい。

※※※※※


起き抜けからの頭痛がだんだん悪化したので、夕方、軽くパンを一枚食べて頭痛薬を服用。
空は晴れていたのに70分ウォーキングもあえなくサボり、これで6日連続の休み。
できたことは、特になし──民主党代表選についてちょっと論評を書きかけて放置したのと、数日前に書きかけて放置してあった土井たか子落選についての論評を書き上げてブログにアップしたののほかは。
まあしょうがないでしょう。心身とも、余裕は皆無だから。
Wさんへのメールはまだ保留。
▽Open more.
* テーマ:かなりどうでもいいこと - ジャンル:日記 *
ボスニアのブルース・リーと体調メモ 
2005.09.15.Thu / 17:13 
undefinedとても意外で、当人たちが何を考えてるのかはイマイチよくわからない・・・が、アジア人としてはうれしいニュース。
「ボスニアにブルース・リー像=民族融和のシンボルに」
突拍子もない気がするけど、有力者によほど熱烈なファンなんかがいるんだろうね。
僕も「燃えよドラゴン」とか「死亡遊戯」が熱烈に好きで、何度も見ました。
気持ちが萎えそうなとき、プライドを吹き込んでくれるような、精神性を伴った激しさがあの人にはある。

おまけに、知る人ぞ知る親日家。(笑)
初期の作品には日本人を単純化して悪役に仕立てたものなんかもあるけど、プライベートでは日本人俳優との交流や、日本滞在時のエピソード、そして後期の映画の中では空手を馬鹿にする仲間をたしなめるセリフなど、ほぼ間違いないところ、だと思う。
上記の映画2篇くらいは見て、もし興味をもった人がいたらこのサイトがさらに詳しい資料になります。

(※「死亡遊戯」は最終盤の格闘シーン以外は、ブルース急逝のためそっくりさんを起用し、当時の合成技術を精一杯使って仕上げられてます。そのため、画質のよすぎるテレビで見ると、合成のアラばかりが気になってしまう恐れもあり。僕は主にビデオで見ていたので、画質こそ悪かったものの、作品そのものに集中することができました。)

※※※※※


以下、淡々と体調メモ。
昨日は午後6時半からの3時間の仮眠との兼ね合いもあって午前5時ごろ横になったものの、なかなか眠れずに起き出したりなどして、たぶん6時ごろになってようやく眠れた。
そして今日は、午前11時に起きるつもりが起き上がれず、目覚ましのベルを順次見送って、けっきょく午後3時近くまで断続的に眠り続けた。
昨日の仮眠も含めると、この24時間のうち12時間は睡眠に当ててる勘定になる。
たった1時間余りの労働で半日眠らなきゃならないとは。
挙句、起き出してからは軽い頭痛。どうも割に合わなくて困る。
* テーマ:とほほほ… - ジャンル:日記 *
塾バイトの日/体調メモ 
2005.09.15.Thu / 03:33 
塾バイトはそれなりの調子で済んだものの、異常に疲労するのは相変わらず。帰宅後しばらくネットをうろうろしたりした後で耐えかねて横になり、時間は確認してないけどたしか6時半ごろから3時間ほども眠りこけていた。
起床後も全身の血液が泥になったようなだるさ。

その後、母が今日明日と外出しているので、自分で料理ができない悲しさで近所のファミレスへ。Wさんの指定で、毎日夕食には牛肉120g以上を摂らなきゃならない、って事情もある。
料理はいっとき練習してみていたものの、コンディションが悪い時期だと負担が大きくなりすぎるのと、パソ学習などがそれなりに軌道に乗って、そちらを優先したくなったのとでやらなくなってしまった。でも最近は、そのパソ学習自体もやれてないから困ったもの。

しかし、昔はファミレスのメニューをおいしく感じていたものだけど、今はぜんぜんダメだな。味の浅薄さに気づいてしまう。
桐野夏生「OUT」を読みながら黙々と食べて帰ってきました。
食後1時間ほどすると、さすがに人心地ついたような気がした。
* テーマ:ぼやき - ジャンル:日記 *
昨日の治療報告 
2005.09.14.Wed / 15:37 
どうってことでもないけど。
「ニシキヘビ:ペットが逃げ出す 東京・高田馬場の公園」

同署によると、逃げたのは「ボールパイソン」と呼ばれるアフリカ産のニシキヘビの一種。生後3カ月で体長約50センチ。成長しても、最大で約2.5メートルほどだという。毒はなく温和な性格で、外敵と遭遇するとボール状に体を丸める。

かわいい(?)蛇もいるんだねえ・・・。

※※※※※


昨日は全身だるくて大変だったけど、予定通り治療に。
正味1時間半以上で、いろいろ説明もしてもらって前回よりは希望的な気分で帰宅。
次回は1ヵ月後に、ってことになったので、1ヶ月はとにもかくにも我慢して、どれだけのことができるかやってみるつもり。
帰途も前回みたいに持病がおかしくなることはなかったし、多少はマシなんじゃないかと思う。
ただ、今日も全身のだるさは否めない状況です。
これからどうなるかな。
もうじき塾バイトなので、ひとまずは昨日のご報告(?)まで。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
ハムスター来襲 
2005.09.13.Tue / 03:35 
初日いきなり新進気鋭の普天王に敗れた朝青龍の敗戦の弁。
「大相撲:朝青龍が普天王に完敗」

『ああ、チクショー。負けだよ。こういうところで落としちゃいけない。場所前にガンガンやって油断したな。それが失敗だ。』

僕は試合はニュースで見ただけだけど、なんというか、・・・衝動的で率直で、おバカなコメントだなあ。(笑)
こうだから好きだ。朝青龍。
ちなみに今日(2日目)はきっちりと勝ったようです。


総合格闘技(バーリトゥード/プライド)ヘビー級の王者エメリヤーエンコ・ヒョードルは絵も上手
これにはちょっと驚いた。
しかもわりとカワイイような絵が多い。(笑)

※※※※※


夕方、塾バイト1時間。
例によってひどく疲れたけど、持病の調子は僕にしては完璧に近かった。珍しい。
悪ガキ君、ハムスターを連れてきてました。
放し飼いにしてて落ち着かず、しかも先日手を噛まれて以来自分では「抱いていることはできるけど、床から抱き上げることはできない」のだそうで、僕が代わりに捕まえる破目に。(汗
ハムスター怯えてるし。
でもなかなかかわいいハムスターでした。


世界柔道は、最終日の団体戦を7時から観戦。
団体戦って、いつも思うことだけど、いったいどういう規定に基づいて代表5人が選ばれてるんだろうか。
日本は必ずしも好きになれる選手ばかりじゃなくて、結果も女子銅・男子銀とイマイチだったけど、お気に入りの谷本歩実のいい試合も見られたし悪くない時間ではありました。
谷本の相手は、どうも谷本の寝技の能力を甘く見ていたような気がした。
もしそうだったとしたらだけど、違うんだよな。(笑)

たしかに谷本は立ち技で一本を取る、きれいな天才肌の柔道をするけど、そういう選手には珍しく「寝技も天才肌」なのです。
投げた直後、一瞬の隙もなく袈裟固め(かな?)に移行する姿とか、しょっちゅう見かける。
天才肌の選手にありがちな(ような気がする)淡白さとか軽さが微塵もない人だから。
さらには、そういう「立ち技の補完としての寝技」だけじゃなく、今日のように寝技単独でもすごいキレを持っている。
相手の下になって、相手が押さえ込もうとして身動きした瞬間に一挙に体を入れ替え、逆にこちらが押さえ込みに入る、といった高等テクニック(だと思う、たぶん)を駆使できてしまう。

今日の一本勝ちは、まさにそういう一本勝ちでした。
投げ技じゃないのに爽快だった。(笑)
アテネ以来の大好きな選手だから当然といえば当然だけど、谷本がちゃんと気合を入れて戦う試合なら、どんな試合でも楽しく見られると思うよ僕は。
一人の勝負師として、あの人はすごくいい。
* テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記 *
次回の治療日が決定 
2005.09.11.Sun / 23:03 
昨日、世界柔道を見てるときにWさんから電話。
おかげで注目していた宮本樹理の試合を見損ねてしまった。(怒
いや、まあそれはともかく。

いつも事務的で愛想ないWさんにしては、いつになくこちらの状態を気遣ってくれている様子で、応対の時間も長かったし説明も丁寧でした。
いろいろ問答の末、結論としては火曜日にまた治療に行くことに。
その際に期待できる変化などについてもいつもより微に入り細をうがって確認しといたから、少しくらいは期待できるんじゃないだろうかと思う。
たとえば、70分ウォーキングが以前より楽になるとか、そういうレベルの成果は最低限期待できる、という程度の言葉はもらったから。
ほかにも2,3。

オルランド 特別版今日は11時に起きて、まずはレンタルDVDの映画「オルランド」を鑑賞。
興味を持っていた映画だから見られてよかったけど、個人的にはまったく感心しませんでした。
オカルティック・宗教ファンタジー?みたいな自己満足的な印象を受けたな。
要するに、あまりにも浮世離れしていて、ムード的な描写に逃げている箇所が多く思えて退屈してしまった。
深刻さや荘重さを狙いつつ、見せかけつつ、でもその実態はお気楽そのもの。
でも実際の人間はあんなお気楽にはできていない。
かといって、ファンタジーと割り切って見るようには映画自体ができてないし。

その後すぐに、宮里出場のゴルフ中継にスイッチ。
断続的にギター弾き語りリズムトレをやりながら見てました。
残念ながら、最終2ホールの連続バーディーも実らず国内メジャー初制覇を逃した。
全体として、本人はそれなりの調子だと言ってるから事実はその通りなんだろうけど、僕の印象としては波に乗り切れない、うまくいかない日の宮里、のように見えた。
僕は宮里にしか興味がない(恐るべきことに、ゴルフというスポーツ自体もちっとも好きじゃない。特に会社の廊下で素振りしてみたりしてるサラリーマンなんか鳥肌が立つほど嫌い。美意識を逆撫でする存在、というか。素振り癖のある人、即やめましょう)ので、頑張ってる個々の選手たちには申し訳ないけどちょっと退屈でした。
宮里はこれから海外を転戦するらしいので、そこでの活躍に期待。

※※※※※


書きかけのままだいぶ放置してしまったので流れがつかめないな。
まあいいや。

ゴルフを見終えた後しばらくして、70分ウォーキングに行こうと思って、いちおう選挙用葉書も準備して出発・・・しようとしたところで雨。(汗
やむなく傘を手にノコノコと選挙へ。
選挙区も比例もどっちも民主党に入れました。理由はついさっき書いた怒りに満ちたブログ記事参照。
帰宅途中には雨はやみそうな気配だったけど、往復の間に極度の不調(脚があからさまに動かない)が判明したのでサボることに。

でも昨日今日と休んで、明日と一昨昨日は塾バイトだし、あさっては治療日だからそれだけで5連休が確定的で、さらにその次の日は雨の予報だから、それが当たれば6日連続の休み、ってことになってしまう。
ちょっと困りものです・・・まあ、手詰まり感満載の日々が続いていたことだし、ここらで一度切れてしまうのもべつに惜しくはないけど。
とりあえずは、明後日の治療に期待するのみ、だな・・・。
このフレーズたぶん、治療のたびに言ってる。(沈
* テーマ:とほほほ… - ジャンル:日記 *
なにやら下書きじみたテキスト2点ほか 
2005.09.10.Sat / 05:24 
賛否両論あるだろうけど、個人的には痛快。(笑)
「フランス代表、モノマネタレントにまんまと担がれる=W杯予選」
よくやるなあ。


個人的には、特例を認めてもいいと思っていたので残念。
「デリマらの訴えを棄却 スポーツ仲裁裁判所」
あの大差と走りの安定感からいって、デリマの金メダルの可能性は9割以上だったと思う。
しかも、あのアクシデントで抜け出して金メダルを取ったイタリア人選手は直後のインタビューから、何を恐れたのか知らないけど「あれがなくても勝っていた」と吹聴しまくって非常に印象は悪かったし。
一方のデリマはといえば、悄然としながらも努めて明るく振舞って帰国して、帰国後にブラジル・オリンピック委員会の勧めを受けて初めてこの訴えを起こした、というお人よしぶりで。
まあそういった人格の格調の差はこの件の処理には関係するべきでないにしても、あのイタリア人はイタリア人で金メダリストとして認めたうえで、デリマにも特別表彰で金メダル、というのはとても公平な裁定だと思ったのに。


アサヒビール、面白い。
『一度で良いから、お酒を飲み交わしたい歴史上の人物は?』
しかも結果がまた振るっていて、男女ともにNo.1に輝いて驚異の得票率をマークしたのは・・・。
僕もヤツは好きだけど、ここまで有名とは思わなかったよ。
ただ僕だったら、勝海舟が1位かもしれない。あと、伊達政宗は必ず候補に入れたい。
反面、ランクインしてる中でも田中角栄にはまったく興味がないし、ほかもあまり・・・だな。あ、でも邪馬台国のあの人はちょっと興味あるかな。
まあそんなところ。(?


なんとなく興味深かった記事。
「色聴(音と色の共感覚)」
僕には絵心がないから、たぶん色聴の感覚もないけど、必要なら意識的に培ってみようかと思ったくらい。音楽にインスパイアされて絵を描くとか、あるいはその逆、っていったことを高いレベルでできる人は、たぶんこの感覚に秀でてるんだろう。
あるいは、この感覚だけじゃないかもしれない。図形であったり、グラデーションであったり、微妙な揺らぎ(つまり、絵ではなく動画的な形象)が、リアルに浮かぶことだってありうるのかもしれない。
ただし同時に、そうした感覚の持ち主の書く音楽、ないし絵が、必ずしも抜群に優れているわけでもないというのも芸術の面白さ、でもあるのかもしれない。実際、絶対音感の持ち主が生み出す音楽が相対音感の持ち主を凌駕する確率は果たして五分を超えるかどうか疑わしい。

ついでにいうと、実は僕はなにやら擬似的絶対音感のようなものを持っている。たとえば朝起きて、いきなりピアノの音を聴かされても、その音が何なのか僕にはわかる。かなり複雑な和音でもまったく大丈夫。
ただ、すぐ化けの皮がはがれる──というのは、まず第一に、僕はコップを叩く音を聴いてもその音の音程を意識してしまうなんてことはないし、第二には、エレキギターなんかの音を言い当てようとすると惨憺たる間違いを犯すからだ。ドかと思ったらラだった、なんてレベルの根本的な。
これは不思議なことのようでもあるけど、僕の擬似的絶対音感らしきもの(擬似的絶対音感、なんて言葉は正式には聞いたことがないので念のため)は幼年期から小学校卒業までやっていたピアノのいいかげんなレッスンの賜物だということを思えば当然なのかもしれない。
でも最も肝心なことは多分、僕が自分自身の音感にまあまあ満足しているという事実なんだろう。マイナスを感じない。要するに、事足りている、のだ。

冒頭の「色聴」の感覚もまた、自分が実際に持ってみれば、結局はその程度のものなんじゃないかと考えてみたりもする。

※※※※※


コムラ返りの痛みの残る脚をかばいつつ、ノロノロと70分ウォーキング遂行。
乾布摩擦も先ほど遂行。
Wさんからの返信メールはまだ来ない。

世界柔道はギター弾き語りリズムトレを断続的にやりながら見た。お気に入りの谷本歩実が決勝で負けたのにはがっかりしたけど、相手は幸い妙な選手ではなくてちゃんとした柔道家(姓名不肖。フランス人)だし、しかも谷本とは違うスタイルの攻撃的柔道の使い手。
ライバルとして不足はなさそうだから、ぜひとも正々堂々と凌駕して見せてほしい。本人も、まさにそういう意志をインタビューで話してくれてたし、あの人ならきっとやってくれると思う。

それに比べて、結果的に金メダルを取ったとはいえ泉はちょっと気の毒だった──というのは、番組中では「ライバル」とか呼ばれていた汚い韓国人柔道家に反則を仕掛けられて、右腕を危うくダメにされるところだったから。
そのシーンだけなら偶然とも何ともいえるだろうけど、試合序盤からあの無口朴訥な泉が頻繁に審判の方を見て、袖口に注目を促す。どうも、素人目で解釈したところでは、ほとんど常に袖口をねじり上げられるか何かしていたようなフシがあって、それを持て余しているように見えた。

さらに明らかだったのは、その韓国人柔道家の顔(表情)の醜さ、汚さ。仕掛けるたびに審判の顔を見るのは点数柔道のヨーロッパ選手にもありがちだけど、そういうスポーツマンレベルの問題ではなく、あの人格の低さはどうにも覆いようがなかった。
あんな人間を「ライバル」にされたらかなわない。
泉はその試合を反則による一本勝ちで勝ち上がった後、右腕をあまり使わない柔道を強いられながらも見事に金メダルをもぎ取り、「マグロ一本釣り」のファンキー・パパとの約束を見事に果たして見せた。

・・・ええと。
とりあえず今日はそれだけ。(汗
* テーマ:独り言 - ジャンル:日記 *
ユンナとYUKIの無料クリップ配信中らしい 
2005.09.09.Fri / 15:34 
ユンナとYUKIの新曲フルコーラス無料配信中。
ユンナの「タッチ」に個人的には注目。あの肯定的な前がかりのパワーとキレのよさとは常人じゃない。公式サイトの日本語の日記もちょっと面白いし。
YUKIも、あれ本人なんだろうけど、まるで小学生くらいに見えます。あまりにも軽やかで。
結婚して子供を生んで、不幸があってそれを乗り越えて、最近の活動の活発ぶりにはちょっと心配さえ覚えていたけど、でもたぶん無理してるわけじゃなくて元気なようです。
このクリップを見て初めてそう思えた。不幸があった反動としての不健康な死に物狂いとかじゃなく、本当に充実してるんじゃないかな。って。心配のあまりとはいえ、ちょっとYUKIさんに対しては邪推が過ぎてたな。(汗
じき期限切れになるので興味がある人は今すぐMORRICHにアクセス!(宣伝担当か


審理前に検察に「求刑が軽すぎる」と指摘して求刑を3年→4年に変更させた問題行動の裁判官の一件。
「求刑軽いと裁判官、判決は元の求刑通り…岡山地裁支部」
なにやら言い訳がましい判決文を述べたようですが・・・果たして?
『実際の量刑は求刑より1ランクないし2ランク低いのが通例』なんてバカな理屈はありえないと思う。(笑)
これをこのまま追及なく裁判所もしくは法曹界が放っておくようなら、知れたもんです。裁判所も法曹界も。


これ、ようやくやめたそうです。
「タイ首相:嫌な質問、『×』で拒否 しゃもじ形の札で」
やめた理由がまた振るっていて、「ユーモアを解さず、マジメに取る人がいるから」なんだとか。面白い人だね、タイの未開な首相(※未開なのはタイではなく首相)。
頭が悪くても日本やアメリカの政治家は務まる、ってのは周知の事実だけど、いわゆる発展途上国のリーダーにはもう少し脳ミソが必要なのかと思ってた。
とんだ誤解でした。どうやら。

※※※※※


昨日一昨日は70分ウォーキングはサボり。
でも乾布摩擦はもう6日連続で遂行してます。けっこう大変。
Wさんからの返信はまだだけど、まあ昨日出したばかりだししょうがないでしょう。
今日はあえなく午後2時まで昏々と。
おまけに、それより以前、午前11時半ごろには強烈なコムラ返りに跳ね起きて激悶(←なぜか湧いて出た造語)。未だにちょっと痛いです。
ここしばらくで2度目、なんじゃないかな。コムラ返り。
もう何年もなかったはずなのに、やっぱりちょっと身体のバランスが崩れているのかもしれない。

PHP学習は、昨日ちょっと再開を模索してみたけど、ちょっとしたアイディアを思いついて恐ろしくゆっくりと作業して1時間ばかりが過ぎたころ、そのアイディアが技術的に実現不可能だと理解して、バックアップデータに復元したところで終了となりました。
まったくの無意味ではないけど、不調のときの生産性の低さを証立てるような結果に終わってしまった。
* テーマ:かなりどうでもいいこと - ジャンル:日記 *
再びWさんにメール 
2005.09.08.Thu / 11:59 
口が達者なアメリカの傀儡が何か野蛮なことを言ってます。
「フセイン元大統領は20回絞首刑に処すべき=イラク大統領」
『フセイン元大統領は1日20回絞首刑に処すべきだ。なぜなら私を20回暗殺しようとしたからだ』なんだとさ。
この記事を読んでいると、「未開人」という言葉が頭をかすめるな。なぜだろう。
とても不思議。


えらく遠慮深い監督です。デラパスさん。
「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンカップサッカー2005試合後 ホンジュラス代表デラパス監督会見」
こういう心づかいの細やかさって、僕は日本人がおそらく世界一だろうと思っていたけど、この監督は僕の思うところの日本人みたいだな。


つまらんことをいう人だ、とつくづく。
きのう開催された総合格闘技イベント「ヒーローズ」の終了後、「前田日明スーパーバイザーが大会を総括」
トリックスターとして名を馳せた人間(須藤元気)を招いておいて、トリックを使うなと言う。しかも、公式な声明としてそれを出す。
あまり利口なやりかたとは言えない。
幸い、須藤が事実上無視する内容の冷静なコメントを(恐らくは、湧き上がる怒りをこらえて)出しているので、試合の面白さ自体が大御所の差し出口のままに捻じ曲げられることにはならなくて済みそうだけど。
『今回は、前田さんが僕の戦術を好きじゃなかったということだと思います。それに、僕は勝たなきゃいけないですしね。』


絵に描いたような田舎者の秋芳梨生産販売協同組合役員とやらに、マスコミが合わせてしまったということ。
「台風でナシ落下…やらせ?NHKが撮影、放送は中止」
たしかに該当のカメラマンも、つい言われるままに撮ってしまったのだろうし、その後、居合わせた民放記者がだんまりを決め込まずに指摘したこと、NHKも事実を確認して先んじて対処したこと、などなど評価すべき点の方が多いように思う。
しかし、冒頭の組合役員のような、江戸時代の農民レベルの自我の持ち主はいつになったら根絶されるんだろうか。

※※※※※


ものすごく心身の調子は悪いのに(掲示板のレスも遅れててすみません。すごく力になってるのに返信がうまく書けない)、昨日かひょっとしたら一昨日の深夜から断続的にニュース拾ってたらけっこうな長さになっていた。
こんなに長く書けるほど調子よくないのです本当は。
鬱傾向と無気力が、明らかに前回の治療を境に激しく出ていると感じていて、今日はもう5日目なのに好転の兆しもないので、実はさっきまたWさんにメールを送ってみたところ。

やむをえないでしょう、これは。
断続的にやれていたPHP学習も一頓挫をきたしてるし、時間の使い方が非生産的のきわみだしするから。
半月は待つつもりだったけど、そんなふうに悠長に構えている間にも人生の時間はどんどん浪費されていくわけだから。
焦りのままに、見切り発車で書き送ってしまった。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
最低水準をマーク 
2005.09.07.Wed / 03:31 
日本の恥。
「アジア予選プレーオフを再試合に=W杯予選」
審判のレベルの低さは、ふだん試合を見ていてもつくづくと感じることだけど、こうまでわかりやすいルールブックレベルのミスを、取り返しのつかない真剣勝負の国際試合で犯すとは。
吉田主審ってどんな審判だったかな。
しかしあまりにも情けない。

かつてフランスワールドカップで笛を吹いて、その後別人のように衰えて偏った判定を連発しているO主審とかも、見ていてとても危ういし、日本の審判はとにかく苦しい。
育成の方法が根本的に間違っているのか、あるいは民族的に適性がないのかとすら思ってしまう。

※※※※※


午後1時に起き、1日の大半を浪費。
ネットで見つけたUNOに似たゲームを延々とやっていたりした。
治療を受けてから、どうも鬱・無気力の傾向が強い。
半月待って落ち着かなかったらまた連絡するつもり。
70分ウォーキングのみ強行して、調子がいいとは思わなかったものの足はよく動いていたのか、久々に最長コース。
所要時間も69分程度だった。
でも明日はたとえ雨が降らなくてもサボるつもり。
とりあえず、今日はこれから全身乾布摩擦をやらないと。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
ネガな暴走のスイッチ 
2005.09.06.Tue / 02:08 
医療事故の問題は見過ごせない。
「パーキンソン病はいま 思わぬ後遺症に『後悔』も」
意識の低い医師のもたらす災厄は際限もなく大きい。
僕自身も持病を抱えて病院めぐりをする中で、ずいぶんひどい思いもしてきたけど、それは手術とかによる取り返しのつかないダメージではなかったからまだマシというべきであって。
その中では、僕の病気をなんら医学的な根拠なく精神的な問題と即断して「20歳までには必ず治るものだから」と明言し、僕に「耐えに耐え、忍びに忍ぶ」数年間の生活を選ばせるもとになった某・サル顔の医者なんかはものすごく重罪だと思うけど(「略歴」参照)。
許せないようなケースはほかにも、世の中に腐るほどある。


恐怖としか言いようのない事例。
「妻見舞い71歳男性、駅で女が突き飛ばす…電車、即死」
こんなので殺されたらかなわない。
残された妻もどんなにショックか、想像もつかない。
低レベルなトラブルで殺されるケースはたまに耳にするけど、今回の事例は「トラブルでさえなかった」、というのが異質なところ。
責任能力とかいろいろ取り沙汰されることになるんだろうけど、どうなったって殺される側は浮かばれない。

※※※※※


眠るまいと思っていたのに、疲労が激しくてどうにもならず。
あえなく22時ごろから23:50あたりまで昏睡。(汗
体調、上向くんだろうか。本当に。
かなり苦しい日々が続いていて、苛立つ一方で弱気にもなる。

今日は仮眠後に見たsakusakuで、高校の後夜祭の話などが出てきていて、それにひどく引っかかった。
僕は高校時代、文化祭に行かなければならないこと自体が持病のために苦痛以外の何ものでもなかったし、行けば1,2時間のうちに持病の状態は悪化して極限に達し、それをなんとかコントロールしようとして乏しい体力を使い果たし、放課後にもなれば紙のように白い顔をして、持病の悪化にも歯止めがかからず・・・要するに、まともな状態で後夜祭の時間まで学校にいることなど根本的に不可能だった。
醒めているフリをしていたけど、醒めて見る以外に自分を保つすべがなかった、というだけのことだ。
選択の余地はなかったし、実際、何も選択などしていない。

弱気になると、健康な人、健康な人生を送ってきた人、が死ぬほどうらやましくなってしまうときが多い。
ネガな方向に連想が暴走するスイッチはそこらじゅうにあって、まさに満身創痍。
だからこそ、そういうスイッチが入りにくいように、前に前に人生を転がしていける最低限のコンディションを求めて必死でやっているのだけど、なかなかどうにもなっていかない。
歌詞なんかに何気なく使われる「誰もが」という言葉が大嫌いだ、ということは前も何度か書いているけど、「誰もが」なんて言葉を使うまでもなく、世間の日常の会話の中にはそういう文脈は山のように出てくるもので、その多くは僕にとって危険なスイッチになりかねないものであって。
でも、そのことをどうすることもできない。

今のように弱気なコンディションに落ちているときには、この負債を免れる日が果たして来るのかどうか、疑問に思わざるを得ない。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
疲労がリミット 
2005.09.05.Mon / 21:12 
中京女子大野球部、面白いことをしてる。
「女子野球部が男子と対戦か=中京女大、愛知大学野球連盟に加盟申請」
これが却下されたりするならお笑いだけど(連盟側が)、たぶん大丈夫なんじゃないかな。
先行きに期待。

※※※※※


昨夜(今朝?)はけっきょく6時半ごろにようやく重い腰を上げて風呂に入り、のろのろと寝た。
そして今日はあえなく午後2時起き。
その後間もなく、雨の中を上下雨具を着込んで原付で塾バイトへ。
ちょっと大変だったけど、授業中は体調はおかしくならなかったのは何よりだった。
ただ、帰宅後は疲労困憊してものすごくだるい。
なんとか、昨日みたいに中途半端に眠ってしまわないように、と念じてるものの、何も手につかないほどのだるさをずっと持て余しているからどうなるかわからない。
* テーマ: - ジャンル:日記 *
マドンナ/ナイトメア・ビフォア・クリスマス 
2005.09.05.Mon / 05:46 
グレイテスト・ヒッツ(2)マラドーナ・・・じゃなかった、マドンナ・・・のグレイティスト・ヒッツ2なるアルバムを聴いてるけど、どうも今のところ退屈の一語。
いやあ、もう、なんというか。つまらない。
マイケル・ジャクソンは曲によってはけっこう聴けてたから、同時代の売れ筋だし大丈夫かと思ったのに。
なんて退屈なんだろう。
シンクロしたり共鳴したりできる部分がほぼ絶無。
ただまあ、マイケル・ジャクソンだって僕は当初は聴かず嫌いで、でも彼に感動を与えられてて心底好きだという人がいたから別の耳で聴いてみて再発見(というにも当たらないか。ただの「発見」?)した経緯があるからわからないけど。
とにかく、今のところはゼロだなあ。マドンナ。

あと、僕が漠然とマドンナの曲かと思っていた「Do you feel like I feel?」という(たぶん)サビの歌詞が印象的なナンバーは入ってなかったけど、あれは誰の曲なんだろう。
マドンナの曲なら、絶対に後期のベストであるこのアルバムに入ってるはずだと思っていたから、そういう意味でも期待はずれでした。

※※※※※


今日の昼間だったか、ぐうぜんテレビで芸人のヒロシを見た。
かなり長回しなネタの後半部分あたりで、最初から見られればよかったのにと思った。
そして、地味に成長し続けてる人だなあと思いました。
デビュー当時は面白いと思わなかったし人間的にも魅力感じなかったのに。
どんどん魅力が出せるようになって、よくなってきてる。この人。

ネタ的にも、名が売れ出した当初よりヒネリの効いたバリエーションが増えて。
最近、街を歩いていると「『ヒロシです』だ」「『ヒロシです』だ」と言われ・・・で始まるネタとか、ほかにもいろいろ。
ネタバレ避けるためにちゃんと引用できないのが辛いとこだけど、初期に苦手であまり見ないでいる人がいたら、久しぶりに見てみることをお薦めします。
成長してるから。ヤツは。

※※※※※


今日は「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を見てました。
ついていけないところもあったけど、なんとなくほのぼのと最後まで。
人形アニメーション、なのかな。あれは。
生身の人間の舞台としてもやったらやったで面白そうな気がした。

※※※※※


朝は11時に起きられたものの、治療翌日の好転反応なのかどうなのか、なんとなく全身のだるい一日。
起き抜けから持病はイマイチ(起床直後はあまりよくないことが多いけど)、慢性鼻炎で例によって完全な鼻づまり。
70分ウォーキングは映画鑑賞後に強行。
がんばって歩いて、どうにか最短コースは免れた。
昨日今日と乾布摩擦もWさんの指示通り続けてます。もう4日連続。

ただとにかく、今のところは調子はよくない。
というか、まさに今も、夜10時半過ぎから眠り込んで午前2時に午後2時かと思って焦りながら起き出して、乾布摩擦などを済ませた後、風呂に入る気力が湧くのを待ちながらもう1時間以上が過ぎてしまってる真っ最中だし。
心身ともに軽快とは言い難いのは確かです。
* テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記 *
治療に行く 
2005.09.04.Sun / 03:48 
以下、昨日の書きかけ日記メモ。
消すに忍びないので引用しとく。

フヌケ3日目。大して動けなかった。
PHP学習はゼロ。
Wさんの示唆に従って、昨日今日は乾布摩擦は遂行。
ツタヤに行く。着いて売り場をさまようこと15分そこそこで持病悪化。やっぱり状態はよくない模様。明日が治療でよかった。
帰宅せず原付だけを置いて、そのまま70分ウォーキングに。
中くらいのコースを歩けたからまずまず。
夜、ギター弾き語りリズムトレの4つ目の課題曲として、「ほの白む空の祈り」を一通りチェック。
次回のリズム練習からはちゃんとやれそう。


※※※※※


この制度を生かす条件を考えてみる。
「国民審査も告示 最高裁の6裁判官」
過去に一度も機能したケースのない、恐るべきザル制度「最高裁判所裁判官の国民審査」。
国会議員の選挙のときに、別紙に裁判官の続投の是非を○×で記入するあれだ。
なぜザル制度に終わっているのかといえば、最高裁がちょっとやそっと妙な判決を下したって、国民の過半数が「この妙な判決は、最高裁の○○裁判官のせいで下ったのだな」と認識することなんか絶対にありえないから。

ちょっと思ったのは、あの紙に、「よく知らないし、わからないから」という理由でぜんぶ○をつけたり、あるいは白紙投票したりしてる人はいませんか?
そういう人は、今回からは必ず「全員×」でいきましょう。
なぜかといえば、そうやって意識の高い人がオートマチックに「全員×」でいった場合、かろうじて、なんらかの理由で批判の集まっている裁判官がいた場合に、彼が実際に罷免される可能性がゼロではなくなる(かもしれない)からです。
逆に、意識の高い人がいくらみんなして「全員×」投票をしたところで、その数が過半数に及んで、罪もない最高裁裁判官が罷免される確率は間違いなくきっかりゼロだから心配はいりません。

※※※※※


今日も今日とて2時半近くまで起きられず、その後まもなく治療に出発。
正味2時間ほど。
とりあえず現時点でわかってるのは、帰途に持病がひどくなってちょっと大変だったということ。(汗
でもまあ、治療直後っていうのはカウントの外だという思いもあるので、気にせず予後に期待することに。
治療については本当はもう少し詳しく書きたいけど、ヒマと余力がないのでひとまずはこれで。
* テーマ:今日のできごと - ジャンル:日記 *
三井のリハウス/Wさんへのメール 
2005.09.02.Fri / 17:31 
昨日からタレント話が続いてしまうけど、このCMがはっとするほど好き。
三井のリハウス。
まるでジブリ映画に出てくるヒロイン家族の実写版みたい。
ある意味においてはジブリを超えてる・・・と思ってしまうのは、僕はジブリの描写にはところどころに狙いの透ける嫌味を感じるからだけど。
こちらには嫌味も何もなく、本当に魅力的。
ヒロインのみならず、共演の俳優たちもみんなとても素敵だと思う。

ヒロインは、「夏帆」という91年生まれの女優らしい。
ほかの役柄だったらどうなのかは知ったことじゃないけど、このCMに限っていえば演技、超絶的にうまいと思う。
こんな衝撃は、クノールのカップスープのCMで宮崎あおいを知ったとき以来だな。

※※※※※


また日記書きかけのまま一晩越してしまった。(汗
一昨日の深夜にPHP学習をがんばりすぎた反動か、運動量が極度に低下してます。
昨日は朝のギター弾き語りリズムトレと、それにWさんに現状についての相談メールを出しただけ。

Wさんからの返事は5日くらいは確実に待たされるだろうと思っていたけど、意外にも昨日の夜に返信が届いて、「治療のポイントとしては、
1.鼻の問題が大きい
2.同じくポイントになるケースの多い耳については、最近研究が進んでポイントであることが明らかになったので、僕の現状については見てみないとわからない
3.鼻を中心にした治療については、7割方の改善は見込めるところまで研究が進んでいる
4.少なくとも、現状の症状については1度の治療で大幅な改善が見込める
5.乾布摩擦はサボりがちになっているということだが、必要なのでやるべき
という趣旨でした。
ちなみにWさんは言葉が足りないタイプの方なので、内容はかなり補っているけど原文はせいぜい5行です。(汗

そして今日は、一昨日までの疲労の累積か昨日の疲れ(?)か、午後2時半まで起き上がれず。
起きて頭が動き出すのを待った後、Wさんに電話。
幸い、明日の夜6時から空きがあるというので行くことに決めました。
ほとんどWさんの目論見どおりに好転したことのない恐るべき身体の主なので、結果を見てみないことにはなんともいいがたいけど、少しでもマシになるといいな。
一日千秋の思いを押し殺しながら、この2ヶ月ばかりPHP学習とかずいぶんがんばってきたんだし。
* テーマ:かなりどうでもいいこと - ジャンル:日記 *
タレント話少々 
2005.09.01.Thu / 02:52 
昼間、ぐうぜんNHKの某・寒いトーク番組に本仮屋ユイカという若手女優が出てるのを見た。
全然知らなかった人だけど、とても賢くて魅力的。
きっと演技もうまいんだろうなと思いました。今後に注目。

※※※※※


昨日の疲れでPHP学習には拒否反応。
偶然、「毎日かあさん」についてのバカな事件の記事を読んで、怒りに燃えて文章を書いたりはしたけど(ブログ)、ほかは全体的に低調な1日でした。
やったことはといえば、まずメジャーリーグを見ながらギター弾き語りリズムトレをして、日が暮れてから70分ウォーキングに行って、という程度。
70分ウォーキングは、意外にも夏バテが始まって以来初めて最長コースを歩けた。

それとウォーキング出発前に雨戸を閉めようとしたら、セミが部屋に飛び込んできて大格闘に。
セミ、大嫌いなのです。(ボソ
詳しくはたったいま書いたブログの記事参照。
ゴキブリと違って、嫌いとはいっても害虫じゃないから殺虫剤ってわけにもいかず。
部屋にあったユニクロのビニール袋になんとか身柄確保して、袋もろともベランダに安置(?)。
袋の口はもちろん開いたまま。

※※※※※


もう1人、タレントの話。
最近sakusakuで最新シングル「タッチ(かな?)」が流れてる韓国人歌手のユンナ
この人もとても魅力あるね。将来性あると思う。サイトを覗いてみたら、日本語を猛勉強してるらしくて日記も日本語であれやこれやと。
前の前の「ほうき星」ってシングルのころからsakusaku経由で密かに注目してたから、べつに新発見ってほどでもないものの。

今度のタッチも映画か何かとのタイアップでのカバー復刻だったみたいだし、曲自体もいわずと知れた、ちょっと変わった魅力のある名曲だしするから、きっとソニーのスタッフの人たちにも愛されてるんだろうな。
興味がある人は、sakusakuがやってる地域であれば、今週いっぱいは番組半ばの占いコーナーでPVが流れてます。
ひょっとしたらサイトでも試聴できるのかな・・・あ、できた。(ボソ
でもこれだと、あまり本人の魅力は伝わらないかもしれない。
* テーマ:かなりどうでもいいこと - ジャンル:日記 *
| BLOG TOP |

プロフィール

鴉

  • Author:鴉
  • サイト引っ越しました。・・・もうだいぶ前に。(コソ
    ご興味のある方はサイト名で検索してみてください。
    たぶん出る。

    <おことわり>
    最近になってコメント等くださってた方はすみません。受け付け停止をセットしたら表示もされなくなってしまったようです。
    FC2ブログの仕様っぽいのでご容赦のほど。(汗

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 Diary All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。