ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年10月の記事一覧
≪09month
This 2006.10 Month All
11month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※訂正※2日で13時間 
2006.10.30.Mon / 04:24 
あんがい話せるじゃないか、岡田さん。
「岡田監督 井川メジャー移籍を容認」
発言の内容を見ると、本人からしたら「『容認』とまでいわれたら心外だ」って感じなのかもしれないけど、とにかく「井川のメジャー移籍は、もちろん痛いけど個人的にはアリ」って程度の姿勢は示してくれてる。
追い風になるといいんだけどね。

※※※※※


今日も6時間以上労働していた。身体は怠くて動くのは億劫だけど、頭を使うだけならなんとかできる。
それも、日中は無気力から始まって徐々に鬱傾向が強まっていく、というような流れのことが多くて労働効率も上がらないけど、夜になると徐々に立ち直っていく・・・というのは、一般論からすれば鬱にありがちな典型的パターン(1日の中での時間的推移)だ。ただ、前回の治療でWさんは心機能(心臓の機能、ね。念のため)が多少上がって鬱が出にくくなるといったばかりだから、そのへんがなんとも心細い。
まあ、どっちにしたってまたあと2,3日すれば治療なんだし・・・だけど、そもそもこんな考え方自体を、無限ループのように繰り返したくはないんだ、僕は。本当は。

夜になって落ち着いてから、トライセラトップスのベストアルバムを肴に(?)少し歌ってみていた。
3,4曲歌うと疲れてオシマイ、っていう現実だけど、歌そのものは甕の歩みながら上達しているような気がもうずっとしている。・・・って、何だ?甕の歩み??(汗)甕は歩かないよ、「亀の」歩みね。>ダメIME君
今に始まったことじゃないけど、どういう日本語オンチの技術者どもが開発してるんだろうなあ、この変換ソフト。バージョン重ねても重ねてもちっとも成長してないよ。(ぶつぶつ
トライセラトップスは歌詞はわりと恥ずかしいけど曲は面白い。"Groove Walk"とか"Going to the Moon"とか。




※翌朝訂正※

誤字を直してちょっと加筆。

> ×新機能 → ○心機能(心臓の・・・

いったい何の新機能なんだ。(ぶつぶつ
スポンサーサイト
下垂体の衰退はたまた酔態(アシモフ『黒後家蜘蛛の会』風言葉遊び) 
2006.10.29.Sun / 03:48 
そのとき、その場で、その人の立場において受けた圧力の程度というものは、結局その人にしか知りえないのだと思う。
「千葉教諭自殺:『校長のパワハラ許せない』遺族が会見」
今、のんべんだらりとパソ前に座っている僕は、この自殺した教諭の弱さを哀れんだり、あざけったりすることだってできる。あるいは、しかつめらしく対応策を2つ3つ挙げて見せ、そのうちのどれか1つでも実行していたら彼は死ななくて済んだ、なんて御託を並べることもできる。
でも、そのときその場で彼が受けた圧力ということを考えるとき、そういうことはみんな意味を失う。

むしろ、パワハラというより恐喝だろ、と思う。「辞表を書け」とか、具体的な行動を迫る言辞を交えてる以上、「脅迫罪」として刑事告訴したってたぶんツジツマはじゅうぶん合う。公務災害申請なんて、遺族の方たちもずいぶん遠慮したものだ、と思うくらい。
だけど、これは教育委員会の誠意のほどを見極めて、ということなのかもしれない。タイミングを見計らっているだけなのかも。
教育委員会内部での自浄効果が生ぬるく終わり、そして裁判も公正な結果が出なければ、結局のところ被害者は自分の手で復讐するしか方法がないわけだから、教育委員会も検察庁も裁判所も、こういう事例にはよほどの覚悟を持って当たってもらわないとね。

※※※※※


いつになくまっとうで穏当で、そして平凡なこと書いてるなあ僕。上のニュースの件。・・・などと思う今は、つまり酔っ払っている今です。
酔っ払う前に書いたものはすべておとなしく見えるのです。(バカ

体調は相変わらずながら、今日は労働時間7時間近くとなかなかにワーカホリックでした。
例の英作文独習システムに会話形式の問題ソフトを流し込んだ場合に(なんていいうるほど実際はスムーズじゃないけど、システム的にはそういう具合)、そのときどきの英文を「誰が」言っているのか、を明示するためのメカニズム、をまず作って。それから引き続き、そういう形式の出題をも含めたいろんなスタイルの混在する問題データを、テキストファイルから一括でアップロードするための仕組みも作った。
いちおう、万事ちゃんと柔軟に機能するようになったと思う。

まあ、そんなこといったってどうせ見落としはあるんだけど、今日の進捗ぶりはこれが1か月分の仕事だったとしても威張れるくらいだと自分では思っている。
なんせすべての処理が僕の独創だしね!すごいよ!!(←救いがたい酔態
心身とも調子悪かったからムーミン無料動画を3話=1時間半も見ちゃったりもしたけど、それでも天晴れだよ!!
さて。・・・寝よう。(凹
ヤフーのムーミン無料配信、振り出しに戻る(喜)!! 
2006.10.28.Sat / 04:17 
滅びろ。(ボソ
「米国で新しいファーストフード『フライド・コーク』」

 ファーストフード大国の米国でこの秋、新たなメニューが登場し一部で注目を集めている。コンピューター・アナリストのアベル・ゴンザレスさん(36)が開発した「フライド・コーク」がそれ。
 米テキサス州のステート・フェアで披露された「フライド・コーク」は、『コーラ味のシロップが入った生地をピンポン玉大に丸めて油で揚げたもの。それをいくつかカップに入れ、コーラ味シロップと生クリーム、シナモンシュガーをかけ、サクランボを盛り付けて完成』となる。
 実際に口にしたステート・フェアのスポークスマン、スー・グッディングさんは「素晴らしい味。大成功ね」と語った。

以下、チャールズ・シュルツ『ピーナッツ』より一話抜粋。
(ライナス)『ガリガリ、むしゃむしゃ』
(ルーシー)『なに食べてるのライナス?』
(ライナス)『ガリガリ、・・・角砂糖のハチミツがけ!』
(ルーシー)『・・・。(無言で立ち去る)』
(ライナス)『シロップをかけてもおいしいよ!!』


ちょっとおバカだったこの投手の、来年の活躍がちょっと楽しみ。
「【金村手記】僕は幸せ者…泣けた…みんなに支えられたシーズン」
名監督という評価が定着しつつあったヒルマンに八つ当たり的な暴言を吐いて、パ・リーグのプレーオフを謹慎させられた日ハムのエース金村ね。手記の内容から見て、ゴーストライターではなく自分で書いたものだろうと思う。
直情径行型の人なんだろうと思うけど、ものすごく学んでしまった印象。たぶん、この件は空しく喉もと過ぎることなく、しっかりと留まるよ、頭の片隅に。
そうじゃなきゃ、こんな名文が書ける理由が読めない。(笑)

※※※※※


昨夜は例によって2cmの晩酌をしながら自分の現状と治療の見通しについて長々とつづっていたんだけど、途中から妙に酔いが深くなって、論旨が堂々巡りっぽくなり、自分でも落としどころがよくわからなくなってお蔵入りにしてしまった。
だいたい、何度書いたって、状況に大きな変化がない限りは内容も似たり寄ったりになるのはわかりきったことだけど。しかし長く書いただけに、なんだか惜しかった。
どこかに密かにアップだけしとこうかなあ・・・。

そして今日は、上のニュース論評みたいなのを日中からつらつらと断続的に書いて、今また晩酌しながらこれを書いてるところ。
パソ労働は実質的には劇的なくらいに進んでいて、さすが才能あるなあとかいい気なことを思いつつやってるけど、いいのは効率だけであって、肝心の(?)労働時間の方は3時間あまりでしかなかった。
要するに、お給料は3000円ちょっとでしかないというわけ。(沈
やっぱりこのあたりが、時給制のよさでもあり悪さでもある。呆然とパソの前に座ってても1000円、若き日のビルゲイツそこのけに独創的な処理を積み重ねて新機軸打ち出していても1000円。

だからまあ、短くいえば、・・・そろそろ時給上げてくれよWさん。(ボソ


あと、他人事ながら皆さんに告知。
夏前からヤフーでずっと無料配信していたアニメ『楽しいムーミン一家』、目を疑うほど低レベルな続編シリーズ『楽しいムーミン一家 冒険物語』に移行してしまってボロボロだったけど、なんと!いつの間にか、振り出しに戻って初回から再配信していたよ!!
僕は一昨日気づいて、きょう1話と2話を見た。やっぱり、このシリーズはいい。何度見てもいい。
本当にあらゆる人にお薦め。(笑)

実をいえば先日、まさに『冒険物語』になっちゃっていちじるしく幻滅したころに、変名でレビューを書いたりもしたんだ・・・「jikachudoku」って名前で、今はレビュー一覧の4番目にランク(?)されてる。
そちらもお気が向いたら覗いてみてくださいな。
10月最後の治療を終えて 
2006.10.26.Thu / 03:21 
特許無効化に期待。
「米IBM、米Amazon.comを特許侵害で提訴」
この特許の内容たるや、ものすごい。

・双方向サービスにおけるアプリケーションの提示
・双方向ネットワークにおけるデータ保存
・双方向サービスにおける広告の提示
・ユーザーの目標と行動に重み付けしたハイパーテキストリンクの調整
・電子カタログを使用した商品の注文

こんなものが認められるなら、ネット上で通販なんかは誰にもできないのじゃないかと思う。どれもこれも、特許を取った当時は目新しいアイディアだったのかもしれないけど、実際は誰でも思いつくような常套手段ばかりじゃないか。
特許としておかしくないと感覚的に少しでも思えるのは、4番目の「ユーザーの目標と行動に重み付けしたハイパーテキストリンクの調整」くらいのものだけど、これだって実際の文面によってはわからない。
ネット社会の健全性維持のために、IBMは敗訴した方がいいのではないかという気がする。

※※※※※


上の内容を書いたのは昼間。今は深夜3時近く。
その間は治療のためにずっと外出しておりました。

ここ数日取り組んでいた英作文プログラムの課題は、Wさんとの間でそれを仕上げれば時給を上げてくれるという約束があって、僕としては10月いっぱいに!!という現金な野望があったから昨日なんかは相当がんばったわけだけど、WさんにはWさんの都合があって、動作確認とかするのにだいぶ時間がかかるから、時給を上げるのはうまくいっても12月、と言われてしまった。まあ考えてみればそんなもんかな、というのでわりあいあっさりと諦めました。(沈

でもまあ、Wさんははっきりいわないと人の意図を汲み取れないタイプの人物であるので、金の話は苦手だなあなどと思いつつもはっきり「あの件は?」と問いただしての反応がそれだったわけだから、僕としては訊いてよかったと思う。ひょっとしてあの約束忘れられてる?みたいな、微妙な不満や不信感を小さく抱えているよりは、はっきりさせた方がいい。もちろん相手のタイプにもよるけど、Wさんの場合はカマをかけてもそれとわかるタイプではないから、はっきり訊く以外に方法はなかった。

そして肝心の治療は、新しくWさんが手に入れた石(治療器具、と考えてもらいたい。Wさんはいろいろ妙なものを使う。主に怪しげな鉱石のたぐいだけど、鉱石なら何でも使い物になるというわけではなく、厳密に選んでいるらしい)がとても有効だったらしく。Wさんの説明によれば、これまで存在にさえ気づけなかった僕の身体の深部の問題を続々と見つけては溶かしたらしく、そしてそれは非常な荒療治でもあってシャツが破れたりもしたほどだったので、僕としてはなんとなく感触はよかったわけだけど、帰途は持病の状態が酷くて、あまり快適とはいかなかった。

まあ治療直後の状態だけじゃなんともいえない。明日以降はまた様子見です。
でもとりあえず、晩酌は続けていいってことだから助かった。(?


その後、治療の帰りに、ずっと修理に出してあったヘッドフォン(このあいだ買った無線のじゃなく、だいぶ古い有線式の。それもリスニング用じゃなくて、音楽制作なんかに使ういわゆるモニター用ヘッドフォン)を引き取りに行ってきたのだけど、そこでちょっと問題を抱え込むことになりました。
修理に出してから3週間近く音沙汰がなかった末に、見積もり結果が修理費>ネット最安値、というふざけたものだったので修理はしないと決めて、送り返された品物が届いた、という連絡が今朝あったものだから、それを持ち帰ってきたわけだけど。

さっき梱包を開けてみたら、あっちこっちをあからさまに破損してやがんの。(怒)AKGというメーカーのヘッドフォンだけど、そのマークの付いた円盤状のパーツは剥がれ落ちたのを白いテープで貼り付けてある状態(!)だし、耳当てのクッションには左右両方とも表面の革にカギ裂きが。しかも、クッション自体も長いこと変形されたまま押し込まれていた時期があったと見えてひしゃげてる。
しかもなおかつ、ヘッドフォンの内臓スピーカー部分の形状が、どうも元のままでない、ように見える、という支離滅裂な状態。

正直、しばらくの間「いかにクレームをつけるか」を相当考えていたけど、やめにした。
結局、窓口になっただけの某Yカメラ八王子店の人(数人の人に対応されたけど、みんな及第点かそれ以上に上等な店員さんたちだった)が立場上ペコペコするか、もしくはクレーマー対策っていう錯覚を起して居丈高になり、僕の方が同店を利用しづらくなるか、どっちかでしかない。そんなことじゃ、こういう暴挙をやった頭が悪くて人間性の低いエンジニア氏のところまで、『確実にダメージを与えられない』。(素
だから、今回だけは泣き寝入りを甘受する。どっちにしたって、僕のこのヘッドフォンはもう直らない状況なわけだし。

ただ、教訓だけは得ておくことにした。次からは必ず、修理前の製品は克明に写真に撮っておく。
そしてもし、もう1度同じようなことが起きたら、特にK電気(ケーズデンキではない。念のため)とかいう、今回修理を担当した技術者が属していると思しき会社がらみでそれが起きたら、次は絶対に泣き寝入りはしないから。(笑)
証拠写真送りつけて謝罪および賠償をさせてやる、本当の責任者どもに。そして直接担当したエンジニアの社会的生命を危地に追いやってやる。(メラ
労働の日々(? 
2006.10.25.Wed / 04:16 
気持ち悪い。
「拉致問題で放送命令へ=来月審議会に諮問-菅総務相」
総務相の菅義偉(すがよしひで)さんとやらは何を考え、何を目的にこういう行動に出たんだろうか?
タカ派の自己満足?しかし今は自己満足でもそれが将来どうなるか。・・・とか思って検索していたら、彼の習い症としてのタカ派へのゴマすり癖を指摘するブログなんかもあって面白かったけど、真偽のほどはわからない。

ただただ、どうにもキモチワルイ。
報道が暗に(NHKは「自民党放送」ではないのだから「暗に」だろう)特定の政治勢力に操られる状態は許されるべきではないと思う。


たった今、某所Mのニュース欄にこの記事を見かけて、つい数時間前にこの子の行方不明の報を読んだばっかりだったもんだから、思わず「おおっよかったね!」とかパソ画面に向かって声を発してしまった。
「長野・小諸の不明小6女児、小田原で無事発見」
テレビで見て連れてきたっていう男から事情を聞いてるとか書いてあるけど、単に街で見かけただけかもしれないし、よしんば一緒にいた男だったとしても逃げ隠れせずに連れてきてるわけだから、この段階では思うことは何もない。

お手柄な一般人かもしれないし、気の弱い(もしくは良心の目覚めてしまった)犯人かもしれなくて、その可能性は五分五分。・・・というか五分五分といいうるほどの判断材料さえ今はない。
とにかく、無事でよかった。ただそれだけ。(笑)

※※※※※


ついさっきまで、実に9時間半近い労働の1日。
僕が思うに、今日の成果をもってWさんは僕の時給を上げてくれるべきだと思うよ。(笑)とりあえず、そう思えるラインまでは持ってきた。
明日はせいぜいアピールせねば。・・・疲れすぎてなければ、だけど。(バタリ
バグとかないといいけどなあ・・・。
酔眼日記つづく 
2006.10.24.Tue / 04:27 
今日のパソ仕事はあえなく2時間弱で終了。
きのう景気のいいことを書きまくってたわりには他愛もなく、パソでは実装できた仕様の携帯版サイトへの適用に悩んで、最初考えていたビジョンをさしあたりあきらめ、かろうじて次のビジョンを再構築できた(脳内で)ところで力尽きたようなわけでした。
くたびれちゃって、ヤフーの無料の忍者ゲームばっかりやってる。30万点に届くようになったよ。(知りません
単純だけどそれなりに面白いから、ヒマでヒマで死にそうな人限定でお薦めしときます。

こういうゲームをやってると、僕は1つくらいゲーム機を持つべきなんじゃなかろうか、なんてつい思うけど、買うとすればプレステ3か、あるいはX-boxっていった高額の本体から揃えなきゃならなくなるから論外。
でも本体さえ持っているなら、初代ガンダムものの3Dアクションゲームが1つ欲しいんだ、本当は。
セガサターンの、青いジムが出てくるシューティングゲームはけっこう面白くて一時期ハマっていた。あの水準より今はさらにレベルが上がってるんだろうと思うと、想像するだけでもちょっとドキドキします。
コックピットビューがいい。コックピットビューが。当たり判定とか、多少の感覚のズレがあっても、眼下に広がるコックピットからの風景さえあれば、「今のは避けたよ?!」とか言わないよ。・・・たまに言うかもしれないけど、言っても根に持たないよ。

明日は、10月最後の治療日の前日だから、パソ仕事をできれば一段落させてネット上にアップロードして、それを手土産に明後日出発、という形にしたい。
そうして、10月いっぱいでの体感的に明確な好転、というWさんの宣言が当たることを祈りたい。
よしんば当たらなくても、今回はWさんの宣言した10月という期日のことを再三意識的に口にしてきたから、治療期間が延びるってことに関しては驚くばかりにルーズなWさん(悪気はないように思える。ただ、患者としては死ぬほどキツいというのが現実)も、多少は考えてくれると思うんだよ。それは、すでにこれ以上ないってほど譲歩してもらってる金銭面の話じゃなく、むしろ人間的な意味で。

そうして、いま取り掛かってるパソ仕事の課題が成就すれば、僕の時給は上がるということになっているので、それも少しだけ楽しみではあります。
いくら上がるのか、までは聞きづらくて聞きそびれてるんだよね。(笑)まあ、多くは期待できないだろうから、100円とか思っておけばいいんだろうと思うけど。なんとなくドキドキする。
今月は20日あたりまでほとんど部屋の片付けしかできない状態で、月単位の給料では過去最低を更新するのが確実だったりもする(しかも片付けの際の出費が相当の額に上っている)から、なおのこと。
50円とか、みみっちいことは言ってくれるなよWさん。(祈
酔中の独り言(注:文字通り) 
2006.10.23.Mon / 03:32 
体調は相変わらずイマイチだけど、パソ仕事はわりと順調。今日はトータル5時間半あまりやっていた。
取り掛かる前は、こんなのどこから手をつけていいかわからない、っていうような難題に思えた課題だったけど、やっぱりわりと才能あるらしく(?)、2日も取り組めばいつの間にか目鼻がついてくる。

ただ原則として、プログラミングっていうのはやっぱり理系の分野らしいね。Wさんに至っては、これまで何度となく「僕は文系です」と説明してるにも関わらず、2,3ヶ月すると時計の針のように正確に脳内補完して、「K君は理系」ということにしてしまう。
最近、英作文プログラムのちょっとしたヒント文みたいなものを動作サンプル作成のために僕が1つ2つ書いたことがあって、その文章がこなれているというので、やっと最終的な「文系」認定がもらえたようだけど、それもいつまで持つかわからない。
この語らずもがなの逸話によって、ひょっとしたら僕は理数の両刀遣いをアピールしたいかのように見えてしまうかもしれないけど、あいにくと高校の数学では2点とか取ってるので、理系の目は全然まったくないんだよ。残念ながら。

ただ、そういう人間の能力の偏りというか、分布みたいなものには僕はもともと強い興味があって。
歴史ものの小説なんかが好きなのも一部はそういう興味なので、とうぜん自分自身が何をできるはずの人間で、何ができないか、どんな偏りがあるか、そこに魅力はあるか、何がしかの面白さがあるか、みたいなことには強い関心があるので。
ここ数ヶ月で判明した、僕のプログラミングという適性が、僕っていう人間にとって何を意味して、何をもたらしうるのか、っていうことを、どうしても考えたくなるわけです。
・・・言葉にすると妙にリクツっぽくもなるけど、そういうことを無意識に考えてしまっている自分に気づく、というか。
まあただ単に酔っ払ってるってこともあるけど。

とりあえず、今日はWさんから電話がかかってきたりもしたけど、晩酌にはかろうじてドクターストップはかからなかった(実は途中でちょっと危なっかしい話の流れもあって、一時禁止ってことになりかかったりもした。でも最終的には続けて大丈夫ということになった)から、当分はどんなにネタがなくても、つまらない話しかかけなくても、なるべく日記を更新することにしようと思っている。
1日をうまく締めくくるためだけであっても。
アルビノ。 
2006.10.22.Sun / 04:15 
アルビノがらみでいいサイト発見。
「アルビノのページ」
毎度おなじみのウィキペディアもあるけど、たぶん「アルビノとして生まれた人」に関してはこっちのサイトの方がよほど正確、とはいわないまでも少なくともリアルだと思う。

昨日の日記の加筆部でちょっと気にしていた「白子」って言葉は、是非善悪以前にどうも死語らしき気配が漂っている・・・普通には使われてないのいいとして、「問題のある表現」としてさえネット上ではさほど槍玉に上がってないし。「白子症」っていうのがちらほら出た程度。
子供のころ、古い児童文学とか読んでいたものだから、そういう中で調達した用語だったように思うけど(ドリトル先生とか。たしか「アフリカゆき」で出てきた)、そもそも通じないんじゃ意味ないな。よって「白子」という用語は却下。
アルビノアルビノ。(ぶつぶつ ←記憶中

ギタリストのジョニー・ウインターという人もアルビノだとか。写真を見たら、名前は忘れてたけどルックスは印象的に憶えている人だった。
リンク先にはご丁寧にも音源まで貼られてるけど、やっぱりすごい。


と、以上を日中に書いておいて、今は早朝4時過ぎ。
さっき晩酌を終えたところだから、早いところこれを書き上げて横にならないといけない。
残念なことに、今日も昨日に続いて調子はお世辞にもいいとはいえなくて、どうにか1時間半ばかりパソ仕事したものの本格的には課題に着手できずに堂々巡り、それで精一杯、というような状況でした。

ただ、それに業を煮やして、いつまでこんなことが続くんだ、という苦しさもあり、またあまりにもフヌケてやしないか、このままじゃ気が抜けたようなヤローになってしまいやしないか、という心配もあって、夕方になって久方ぶりのウォーキングを強行。
時間を計ってみたらたかだか35分に過ぎなくて、予定を10分も下回ってたのは反省材料だけど、まあまあちゃんと歩けたのでまあよかった。

それからもう1つよかったのは、帰宅後は疲れたこともあってフヌケの延長みたいに過ごしていたけど、真夜中過ぎになってちょっとは回復したのか、いくらかまとまったパソ仕事ができるようになって、ややこしい課題にもどうにか着手でき、4時間弱の労働時間も記録でき、課題そのものにもそれなりの見通しが立ちつつあるということ。

プログラムの仕様変更というやつはとにかく大変で、できれば違法増築みたいな要領でどうにかツジツマを合わせて「よし」としてしまいたいところなんだけど、このプログラムはこれから先、あわよくばどんどん発展させていきたいたぐいのものなわけだから、今の段階でそうそうイビツなツジツマ合わせみたいな作り方をしていくわけにはいかない。
根本的な変更が必要なら、その都度、本当に根本的にプログラム全体を見直してかなきゃならない。
でも、とにもかくにも今回も最終的にはうまくできそうだからよかった。

大きな変更のときにいつも怖いのは、数時間~数日間に及ぶ労働が、ある瞬間に突然無駄だったと判明しかねないこと。
見通しが立つまでの間は、だからいつも戦々恐々なのです。
・・・アルビノ? 
2006.10.21.Sat / 01:56 
残念ながら今日は昨日ほど調子マシとはいいがたくて、終日なんだか朦朧としておりました。
Wさんの指示通り、ちゃんと晩酌はしたんだけど、昨日も。そうそう連日、思うようにはいかない。

昨日やっとこのことで再開できたパソ仕事は、ここで切っちゃいけないと思って今日もどうにか3時間半あまりやったけど、時間的にも昨日よりちょっと短いし、密度に至ってはもっとだいぶ低かったように思う。だんだん上げていきたかったのに残念。
やっぱり、体感的にみても、どうやら体調の好転はまだだなあ。10月の治療はあと1回を残すのみだけど、そこで明確な変化ってことが果たしてありうるのかどうか、今はまだよくわからない。

ただ、そのこととは別に、明日から取り掛かる予定のパソ仕事の大きな課題(例の英作文プログラムの、問題出力の仕様自体を多少いじらざるを得ない、だいぶ大がかりな機能追加)をクリアしたら、その時点で英作文プログラムは基本形が完成したものと見なして時給を少し上げよう、とWさんがぽろっと先日言っていたので、それを励みに明日以降をがんばろうと思う。
できれば次回の治療で成果をお披露目したい・・・けど、それはちょっと無理かな。(笑)急ぎすぎてもダメだな。

ああ友達からメール来た。アルビノって何だっけ?雌雄同体??(誰に訊いているのか
それはともかく、今もバランタインをちびちび飲みながら日記書いてるわけだけど、わずかでも酒を口にできるってことは本当に素晴らしいことだね。なんとなく、「1日の終わり」ってことに寛容になれるというか。
今日という日は終わろうとしている、だから慌てて今日にしがみつくのではなく、未練があるならなおのこと、明日に期待しよう、というような気持ちで、現実としてアルコール全面禁止の時期より多少早めにベッドに入ることができている。

その後、意外となかなか眠れなかったりしてるのは相変わらずだけど、それでも長らく歯止めが利かなかった昼夜逆転に、かなり強力にブレーキをかけてくれてるよ、バランタイン君。
もういい加減さびついて動きにくくなっていた「ほっとする」スイッチをONにしてくれる、というか、ね。(?
酒には本当は、そういう効果があったんだってことを思い出せたような気が今はしている。


<翌日追記>

アルビノは雌雄同体じゃなくていわゆる白子なんですね(・・・というこの表現の是非は僕の頭の中でまだ整理が付いていない。世間的にはダメってことになってるらしいけど、世間が何と言おうと、たとえば「びっこ」とかは僕は今のところ普通に使うことにしてるし。「白子」だって使うことにするかもしれない)。
憶えておきたいけど、きっとまた忘れるな。アルビノ。
4年ぶりの香り 
2006.10.19.Thu / 02:40 
以下、某所Mでのやりとり(というか一方的な独白)より。

実はたった今、実に4年ぶりの美酒(スコッチ!バランタイン12年!!)に口をつけたところ!
Wさんの治療方針で、比較的害の少ないとWさんの見立てた銘柄の酒を晩酌して、少し肝機能を抑えたいんだとさ(腎機能に余力がないので、腎と肝のギャップが大きくなりすぎて、腎の問題が顕著に出てしまい、朝の極端な怠さにつながっていると判断したらしい)!「前例のないケースだが、マイナスはないと思う」ってさ!!

ただし小さなコップで2cm程度という制限付き。(凹)でも、それでもなんだかうれしい。
僕にとってのスコッチウィスキーは、タンタンの冒険旅行のハドック船長の匂い。
なんともいえずなつかしい。

いや、もう、バカだなあ。このはしゃぎっぷり。(苦
これを書いた時点では、僕は文字通り最初の10滴ばかりを口に入れたに過ぎなかったんだけど。むしろ今の方が比べれば酔っ払ってるよ。
久しぶりの酒は、酔いが回るのが早い。たった2cmでも、ちゃんと回っていくし、だいたい未だに半分近くがグラスの中に残ってる。

4年前、僕は酒飲みだった。中島らもみたいなすごい酒飲みでこそなかったけど、でも世の平均よりよっぽど飲んでいたし、「酒好き」であると同時に「薬理的飲酒」というやつ(いわゆるヤケ酒?)も多少兼ねているという、いくらか不健康な酒飲みだった。
それが、Wさんに治療上絶対必要と宣告されて、瞬時に完全断酒に踏み切り、以来約4年。僕は文字通り、1滴のアルコールも口にすることなく過ごしてきた。いやそれどころか、ブランデーを練り込んだケーキのたぐいさえ敬遠して、今の今までやってきた。

引用した書き込みの内容とかぶるけど、懐かしいったらない。この味、この香り、この感触。
たった2cmだけど、それで構わないし、自分を抑えられなくなることも(今のところ)ない。
明日以降の体調はどうなることやらわからないけど、これは小さいながらも僕にとってはちょっとしたエポックです。
うまいこと刺激にして、どうにかこうにか、明日以降を前向きに転がしていきたいと思う。
物欲記 
2006.10.15.Sun / 04:27 
生命力・生活力・経済力および金銭感覚に加えて、出費を記録しておく習慣さえも持っていないというダメさ加減のゆえか、今回のお部屋再建計画でてっきり僕のささやかな貯金ももう底が見えるくらいまで目減りしてしまったに違いないと思っていたのだけど。
さっき急に、カード会社の「未請求の支払い履歴」が見られるページがあったのを思い出したので、微妙にドキドキしながら覗いてみた。ら。5万にも行ってなかった。(凹
おっかしいなあ・・・。

まあ、僕のここしばらくの買い物はぜんぶがぜんぶカードで支払ってたってわけじゃないから、お金を下ろして現金払いした額を加えていけばやっぱり相当なものになるけど。
でもこの5万未満の中にはメタルラック本体とか、けっこう肝心かなめの部分がしっかり含まれているので、出費の総額が恐れていたよりはだいぶ少なかったのは確実。・・・だと思う。たぶん。
なので、この間の掃除機はやっぱり買っちゃおうかとか、いろいろとまた邪念がよぎってるところです。あと、やっぱりギターの修理(ないしメンテ)は早くやりたい。

それに、今日は3週間前から修理に出していたモニター用ヘッドフォン(AKGの270studioというやつ)の見積もり額の電話連絡が来て、 18,500円というふざけた数字だったので修理依頼取り消ししたから、それの後継も遅かれ早かれ買わないと。この前買ったヘッドフォンは完璧にリスニング専用の製品だから、あれは音楽制作には使えない。
AKGなら、正統後継機種の271というやつが1万5千円台で買えるのだよ・・・誰が修理に2万近くも払うというのだ。(怒


・・・えーと。
ざっと物欲の赴くままに好き勝手なことを書いてきたけど、上に書いた内容をそのまま実行した場合、不確定要素であるギターの修理費を多めに見積もると、総額にして6,7万とかきっと行っちゃってるね。

無理だね。(笑)もう20日近く、片付けばっかりやっていてほとんど働いてないんだし。
だから、そうだな、どうしようかな。掃除機はちょっと保留にして、当分は最低必要な延長ケーブルとか、最小限の出費でがんばって、最初にギターを修理しようかな。
そうして、1曲でも曲ができるならヘッドフォン、って順序かな。
数ヶ月ストイックにがんばった結果として、ここしばらく濫出費してたわけだけど、やっぱりそれが終わればまた一歩一歩、やれることを探していくしかないわけなのだなあ。(当たり前

まあ、また地道にがんばります。Wさんのパソ仕事から。
そうして、やっぱり何より、Wさんが「10月いっぱいで、今度こそ」と言い張っている体調の好転に期待だな!期待して期待して、そうしてあと10日ばかりはがんばれる。
その期間が過ぎたとき、何が変わって何が変わらなくて、どんなビジョンが開けてどんなビジョンが開けないか、までは今は考える必要がない。
さらに淡々と途中経過 
2006.10.13.Fri / 03:05 
頼むよフジテレビ。
「フジテレビが 高田延彦“解禁”」
プライドをもう一度。なんだったら、高田は解禁しなくてもいい、プライドさえあれば。
むしろプライドには三宅アナウンサーの方が重要。(?
あんな素晴らしいコンテンツはないのだよ??


カッコいいねsony。この斬新なデザイン。
「ソニー、ノイズキャンセル機能を備えた新ウォークマン」
まるでゴキブリみたい!(←無垢な瞳
誰かが買ってくれるってんならそりゃ僕だって欲しいけどさ。(ボソボソ

※※※※※


<10/11>

以下のくだりは、某所Mでのやりとりから抜粋。

午後いっぱい治療と収納用品あさりで外出しておりました。
帰宅は9時過ぎ!(注:遅い、といいたいらしい。小学生レベルである)それはそれは消耗しました。

ダイソーにある、使えそうで使えなさそうででもやっぱり使えなくもなさそうな、絶妙に微妙な感じのCDスタンドやMDスタンドの前で数十分を費やし、けっきょく買わずに踵を返すなど、その生産性の低さには筆舌に尽くしがたいものがありました。

しかも、ダイソーを出てから寄る予定だった東急ハンズは、その数十分が災いして閉店しちゃうし。最初から買うと決めていた無印のCD収納用品は2つ必要なのに1つしか置いてないっていうし。
買う予定だったものの半ば以上は買えずじまいで、なんだかいちいち巡り合わせ悪かった。

でもそれだけ動けたこと自体はよかったし、行きよりは帰り(=治療後)の方がまだしも肉体的にはコンディションがよくなってる感じもあったのは好材料でした。
しかしなんでこんなにTさん捕まえて1日の報告をしているのだろう僕は。(凹



<10/12>

ほぼ丸一日片づけをやっていたけど、やっとこれで半ばを越えたか、って印象。
徐々に妥協するポイントを増やしつつ、落着点を探っていきながら、それでもなお一向にたどり着けない。
だいたい、落着点がどうのという以前に、そもそも机の引き出しの中なんかはまったくの手付かずのまま、もう2週間ほどかかりきっているというあたり、過去の惨状がしのばれるところです。
ああ、数年間部屋を放っとくとこういうことになるんだ、とつくづく感心。

ところで、誰か小型掃除機で吸引力が強い機種を知らない?どこまでが小型かっていうのは人によって基準が違うだろうけど、とりあえず肩掛けタイプまでと考えることにして、費用対効果って面もちゃんと勘定に入れて。
今後の維持ってことを考えると、僕の性格だと部屋の中に掃除機がないとキツいのじゃないかって懸念があるんだよね。(キッパリ
だから、経済力が持ちこたえるものなら、なるべく早い段階で手に入れておきたい。・・・でもギターのフレットも打ち直さなきゃならないし、まあどうなるか。
ちなみに今のところの最有力はこれ
片付け&模様替えの途中経過 
2006.10.10.Tue / 04:59 
僕が最も敬愛するシンガーソングライター川本真琴の、珠玉の最新インタビュー記事。
「Mammo.tv 今週のインタビュー(2006.9.18-2006.10.1号) 川本真琴さん」

 どちらかというと、そういう男とか女の立ち位置に関するルールというのがわからないんです。だから「何でこういうことでもめるんだろう」と私は疑問に思っても、周囲はもめる理由も納得の仕方も知っているんです。私からすると理不尽なのに納得していたり「わかんないな」と思うことが、今でも多いですね。
 そういう「わかんない」という態度のままだと、天然ボケみたいに思われがちですが、そうではなくて、本当にわからない。ルールとして成り立っていることを理解しないから、「あいつは何を考えているかわかんない」と思われていたりします。まあ、そう思われていても、どうでもいいなって思いますが(笑)。

Mammo.tvとかいう「考える高校生のためのサイト」とやらいうコンセプトのサイトのインタビュー記事だけど、内容は世代を問わず読めるもの。
この人をただのアイドル風味のイロモノシンガーと思ってた人たちは、これを読んだらビックリするんじゃないかな。(笑)あの人は賢い、とこれまで1000回以上は言ってきた狂信的ファンの僕でさえ、うわあこういう整理されたまとまった物言いは初めて見た、と思ってちょっと驚いたくらいなんだから。

※※※※※


<10/6>

くたびれを全身全霊に重く感じつつも、3時ごろから一念発起して風雨の中、東急ハンズ町田店へ。
最初はコーナンがわりと近い駅にあるらしいから利用しようと思ったけど、電話してみたら品揃えがロクでもなくて、次に東急ハンズ横浜店と思ったらサイズが長すぎる木しかなくて。
消去法の結果、日ごろWさんのところに行く途中にたまに立ち寄っている町田店(一昨日も寄った)にはるばる繰り出す、というハコビになったわけです。

日ごろついでに寄っている場所にわざわざ出かけるってのは、出不精の身にはさらに一段と面倒くさいものだけど、それに加えてこの日の天候は大荒れで。特に荷物が大きくなった帰途は大変なことになったのだった。
なにしろ、買ったものは約120cm×45cm×18mmの木板2枚を多少加工してもらったシロモノほか多数で、その板がまた華々しく強風を受けて旋回しようとしたりして、どうにもならなかった。行きよりもさらにいや増す風雨の中、傘を差して、荷物の重さに20秒に1回はへこたれながら、どうにかこうにか家にたどり着いたようなわけでした。

なにもそんな無理をしなくてもよさそうなものだけど、翌日からは関係のあまりよろしくない父親が自宅にいていろいろと融通が利かなくなるとわかっていただけに、早く、早く次の段階に、っていう思いが強かった。
我ながら情けない理由ではあるけど、3連休明けの今現在、その判断を後悔はしていないな。・・・どんなカッコ悪い実情であるにせよ、自分の実情とは向き合わなきゃならないし対策を講じなきゃならないことに変わりはない。

某所Mでのやりとりでも書いたことだけど、再出発を切りたい、っていう漠然とした、でもやむにやまれぬ願いがずうっ・・・と続いてるわけです、もう何年も。
そして、今回でいえば部屋の整理整頓と模様替えをして、少し環境が広々することが、再出発に似た変化を僕に与えてくれるかもしれない!というこれまた漠然とした期待が、ここ数日は抑えがたくなってて。
風雨を突いて強行軍してしまうほどに、部屋の片付けに血眼になってるのは、つまりそういう内なる切実なモチベーションによっているので、決してただのいっときの酔狂ってわけじゃないのです。


<それ以降>

未だに部屋の片付けは半ば。
体調が悪くて集中力がなく、さらには部屋がもともと散らかりすぎているので、片付けるために必要な最小限のスペースを確保するってあたりの段階からスタートせざるを得ないため。
それでも、進んでる部分もあるにはある。ので、とりあえず現状の写真を載せておくことにする。

room061009a.jpg
1枚目は、ベッドの上の惨状にさえ目をつぶればわりと片付いて見えなくもないメタルラック周り。
テレビの両脇にあるのは、黒っぽくてよく見えないけどスピーカーです。その上の段には、銀色のDVDプレイヤーを挟んで、左手にマランツのアンプ、右手にソニーのCDプレイヤー。どっちもかなりの老兵ども。
右手の鏡は、実にヘンテコな位置にあるけど、これはメタルラックが来る前の配置のままになっているだけで、いずれもう少し右にずらしてやる予定。




room061009b.jpg
2枚目は、絶望的な状況にある床。敬愛する川本真琴やジェフ・バックリーのCDなども容赦なく床の上。



これは数時間前の状況なので、今はところによってはこのときよりマシ、ところによってはもっと酷い、という状況ですので念のため。
そして僕はそろそろその惨状の中で眠りにつかざるを得ないようです。・・・5時だし。(ボソ
ラック組み立てて日が暮れて 
2006.10.06.Fri / 04:33 
ヤフーで「日中、漢字を共有する悲喜劇」というキャッチコピーで紹介されていた記事。
「『日本が売りに出ている?』同じ漢字でも(1)」

 これは留学生らしき数人の中国人がバスの中でふざけあっているのを私自身が目にした話。「おっかないバスだね」「降りようか?」。彼らの視線の先には、「毎度ご乗車有難うございます」とあった。漢字だけ拾っていくと、「乗車のたびに遭難する」となる。

執筆者は日本人とはいえ中国語の専門家で、向こうでの居住経験もちゃんとある人なので念のため。
しかし面白いねえ。(笑)これは(1)ってことだから、続編にも期待したい。

※※※※※


唐突だけど、今夜僕が2度目の、それもかなり入り組んだややこしい見積もり依頼を出しちゃって(しかも「追加でこれも」とかいってついさっき事実上の3通目まで)、しかも結局は発注せずじまいになるのじゃあるまいかとちょっと気に病んでいる材木屋さんサイトがあります。
「エコモク 木材販売専門店」というのがそれ。・・・と、どうも罪悪感ありありなのでリンクを張っておいてみることにした。
少なくとも、2,3日前の1通目の見積もり依頼には、ごくちゃんとしたレスが即日返ってきたよ。ごくごく安い依頼だったんだけど。
今日のややこしい方の依頼にもちゃんとしたレスが返るようなら、その瞬間に僕認定のネット上の木材店ナンバーワン決定(?)です。

実際、サイトの雰囲気といい、地に足ついた材木への知識と思い入れの深さといい、根本的な知的レベルの高さといい、非常によい店なのじゃないかと思います。
僕は買うかどうかわからないけど、もし万一いま材木をネットで買おうとしてる人がいるなら、この店をお薦めしときます。
サイトを見ればみんな納得すると思う。


今日は雨さえ降らなければ、一気にメタルラックを組み立てて、それを元に実況検分(?)して、東急ハンズに買出しだ!くらいに思っていたけど、昨日の今日で疲れている中で必死で部屋の片付けと組み立てをやっていたらもう夜でした。(沈
そもそも雨が降っていたし。って説明順が逆だなこれは。(凹
いちおう、メタルラック自体はちゃんと組みあがったよ。ほぼ予定通り。まあまあ、数字どおり頑丈なシロモノなのじゃないかと思う。

じゃっかんの問題点としては、どうやら構造上の強度を出すために、メタルシェルフ(メタルラック内の個々の棚のこと)を構成するメタルワイヤーの編み方には、多少のうねりが作られてるっぽいこと。
オーディオ類を置くには絶対的な平面が必要だけど、それを確保するには、たとえばメタルシェルフのうねりのもっとも深くなっているあたりに2列にゴムパッド(by東急ハンズ)を並べて、その上に木板を置く、といった工夫がほぼ不可欠になる。
まあ、たとえうねりなんかなくても、およそそういう工夫をすることになるだろうっていうのは純オーディオ的な動機から最初から考えていたことだから、うろたえることではないけど。

明日も1日雨らしいし、上述した見積もりもたぶん明日のうちに返ってくるわけだから、そういうのも待ちつつ、これから2,3日は空っぽのラックと暮らすことになるのかな。(笑)
というわけで、部屋はいま一時的に、ラックが来る前より狭くなっている状況です。オーディオ類が元の配置のままで、ラックだけがベッドの足元の壁際に身軽にのさばっているから。
あと少し、なんだけど。
その状況が意外と長くなるかもしれない。
ヘッドフォン取り引き無事終了(のはず) 
2006.10.04.Wed / 02:32 
それがいいと思うよ。
「八重山商工大嶺、プロ入りに傾く」

念のためにいうけど、「それがプロというものだから」「ドラフト制度だから」なんていう体制墨守派の考え方には僕は組しない。むしろドラフトを蹴ってアメリカ・マイナーリーグに挑戦とかもカッコいいと思うけど、そういうこととは別に、今の彼は千葉ロッテに入った方がよいと思う。
なんといっても、「ボビーの弟子になれる」ってのが大きい。
本当に好きなチーム、伝統的にスケールの大きい選手の多いホークスで、っていうのもきっとよかったのだろうと思うけど、それが無理になった現状での選択肢を考えると、決まったのがバレンタイン監督のロッテでよかったのじゃないかと思う。

いつまで彼がロッテにいてくれるか、という問題はもちろんあるけど、たった1年でも違うと思うし、そこでボビーの目に素質のほどを焼き付ければ、ボビーがメジャーに帰った後にもいろいろ融通がきくだろう。
成長できると思うし、将来への選択肢が大きく広がる可能性も秘めている。
バレンタイン・ロッテに行くのが吉だと思う。

※※※※※


振込みが確認できたので、3時ごろ郵便局へ。慣れない手つきで小包の申し込み用紙(?)を1枚反故にし、2枚目をカウンターに出すと、思った以上に簡単にことは済んだ。しかしこういうことに無駄に大きなプレッシャーを感じるのは困りものだ。

あれは間違いなく新品だし、落っことしたりもしてないから、間違いなくちゃんと動くはずだけど、やっぱり僕の環境では「無線LANとケンカしているヘッドフォン」としての姿にしか接していないわけで、たとえば相手の人がアパート住まいで、隣の住人が無線LAN使ってて、壁がそういう電気信号に対してまったく無力だったらどうしよう??・・・というたぐいの心配があれやこれやと寄せてくる。
まあ、もし万一そこまでの事態があったとすれば、それはもう製品の特質というしかないので、べつに僕が責任を感じなくてもいいんだろうと思うけど。(笑)

なんせ当の僕自身が例外的な「うまくいかなかった人」の範疇に入っちゃっているから、不安なんだな、・・・まあ大丈夫なはずだ。


そして、僕の方が心待ちにしているメタルラックは、明日か明後日には届くらしい。とりあえず懸案のオーディオ類をうまく配置するために、

1.オプションのコルクシートを追加で買って、とりあえずそれで事足れりとするか、
2.ハンズなんかで板材なりを買って、それをワイヤシェルフ上に敷くことでオーディオボード代わりと見なすことにするか、
3.コルクシートや板材を調達した上からさらに市販のオーディオボードの安価なものを買って敷き、その上にスピーカーなんかを配置するか、

・・・といったあたりの選択肢に頭を悩ませているところ。
3番はえらくゴージャスな考え方をしてると思われてしまいそうだけど、こういう案が出てくるのは、まず1番のアイディアはたぶん音響的には「捨ててる」「それじゃあんまりだ」ってレベルにほかならないだろうってこととか、一見質素に見える2番のアイディアは実は思いのほか金がかかって、ただの板材にそんなに使うんなら、むしろちょっと背伸びしてオーディオボード奮発しちゃえば?という感じになってしまう、というあたりの事情が影響している。

何にせよ、僕はオーディオ的にべつだん凝りたいわけじゃなくて、「これで万事よし、終了、これについてはもう考えなくていい!」という状態を欲しているわけです。
片付けを終えて、納得して、広くなった部屋で、次の段階に早く進みたいのです。
ものすごく梱包をがんばる人1人 
2006.10.02.Mon / 04:49 
ようやく例のヘッドフォン(無線LANとケンカしてしまって、僕の環境では使えないことが発覚したSONYのやつ)の売約が成立しました。
ご心配いただいた皆さん、どうもありがとう。

先に振込みをしてくれるという良心的な人が見つかって、それで1万6千・・・といってもこれは送料込みの額だから、それを差し引いて実質僕の手に残るのが、たぶん1万5千ちょっとかな。
それでもまあ、運がよかったのだと思いたい。買ってくれたMさん、ありがとう。
って、また「M」かよ。(ボソ)どういうわけか僕の周辺ネット世界はMさんばっかりだ。そういえば昼ごろカラスの写真についてあれこれ教えてくれた親切な女性もMさんだったし。ネットはM率(M率・・・)が高いのか?

それで、こういう売買とかオークションのたぐいに不慣れなもんだから、さっきからあれこれ試行錯誤しつつ、1時間近くかけて梱包作業に取り組んでおりました。
何か入れ忘れたりしてないだろうなとか、この期に及んでも取り越し苦労が多い。
とりあえず、円盤状の送信機と、受信機つまりヘッドフォンと、ヘッドフォンに入れるバッテリーと、ACアダプターと、デジタル接続用のケーブルと、説明書と、保証書は確実に入れました。憶えているうちに書いとかないと、今の僕はちょっとばかり疲れ気味で神経質になってるから、たぶん不安になるので書いておく。(バカ

ネット上で個人から物を買うのって、勇気のいることだと思うんですよ。だから、そういう信頼を裏切りたくないんだろうな、僕は。是が非でも。
是が非でもなんて気張ってみたってやれることは大して変わらないんだけど、なにやら無駄に気負ってるらしき気配を自分で自分に感じます。
困ったもんだなあ、神経質クンは。(他人事か
でもまあ、あとはあれがぶじ届いて、ぶじ心地よく動いてくれれば、この件に関しては万事解決だ。ヘッドフォン自体もちゃんと使ってくれる人のもとに行くわけで、無駄にはならないし。


それはそれとして、昨日の深夜から早朝にかけて、そして今日もほんの少しだけ、サイト復興を模索し始めています。
デザインとしては擬似インラインフレームを意図していて、今はその研究をしているのと、さらにはそれに基づいたおよそのレイアウトなんかを徐々に決めつつある。
上でちょっと触れたカラスの写真の件も、それに使うための写真を見つくろう過程での出来事だったりしました。

あと、オープンなブログはもうやめて、コメントは謝絶して掲示板1枚に絞り、ブログではトラックバックのみ受け付け、みたいにしようかなあ、とか。
だとしたら、もうFC2ブログじゃなく何か自前のやつに切り替えないとなあ、とか。
手間のかかることをあれこれ考えています。

そのうち、メールのやり取りのある人には「このデザイン、どう?」なんていうハタ迷惑な添付ファイル付きメールを送りつけるかもしれないけど、寛大に意見など言ってもらえれば。
本当は、今の作りかけのサイト(ネット上の既存の擬似フレームサイトを元に、原型から遠く離れていじりつつあるというシロモノ)を、今この瞬間にも見てもらいたいくらい。
まあ、わりとうまくいっているのです。デザインに関しては。
そして今日も労働時間はかっきりゼロ!(ヤケ

まあのんべんだらりと。
片付けなどをのろのろと進めつつ、気力体力が蘇るのを待ちつつ、次の段階に進もうかと思っています。
| BLOG TOP |

プロフィール

鴉

  • Author:鴉
  • サイト引っ越しました。・・・もうだいぶ前に。(コソ
    ご興味のある方はサイト名で検索してみてください。
    たぶん出る。

    <おことわり>
    最近になってコメント等くださってた方はすみません。受け付け停止をセットしたら表示もされなくなってしまったようです。
    FC2ブログの仕様っぽいのでご容赦のほど。(汗

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 Diary All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。