ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年12月の記事一覧
≪11month
This 2006.12 Month All
01month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニンニク餃子の悪夢 
2006.12.30.Sat / 11:45 
助けてくれ・・・ってくらいものすごい、今日の口臭。(ボソ
いや、もともと口が臭う体質というわけではない。たぶん。幸い。運よく、今のところ。

ただ問題は、きのう食べた(やっと食べられる程度に回復したのだが、それがまずかったようだ)餃子にあった。たぶんニンニクの入れすぎ。
母がいつも作ってくれる餃子なら、何も問題ないのです。ただ、ぐうぜん昨日は、母が知り合いから餃子の餡だけもらったとかで、それを詰めて作ったという餃子で。
食べる前、一足先にその餃子を食べていた母と顔を合わせたときに、あ、臭いな、とは思ったんだよね。これは明日臭うな、とも。
でも今日起きてみたら、それどこじゃなかった。

「気持ち悪い。」と、起きるなり思って、何だ何なんだこの口の中に腐った雑巾突っ込んだような奇怪な『味覚』は、ひょっとして嘔吐の前兆か、というくらいに混乱した。
しばらくためつすがめつして、鼻だけで息をしたり口だけで息をしたり、はたまた完全に息を止めてみるなどして、ああこれはどうやら味覚じゃなく嗅覚の問題だな、と気づいたんだけど。
しかし、自分で自分が気持ち悪い、嘔吐感すら覚える(今も覚えている)口臭って何なんだ。そういう口臭を翌日に引き起こす餃子の餡って、いったいどういうバランス感覚の主が作っているんだ??(泣
言っちゃ悪いけど、僕はこの母の知り合いの料理のお世話にはもうなりたくない。

あまりの臭いゆえにか、実は変な夢まで見たんだよ、たぶん目が覚める直前。
変な地味なお菓子のパッケージがあって、僕が嫌いなとある吉本芸人の冴えないギャグが名前になっているらしく「チッチ○チー」と印刷してある。
試しに一つ食べてみたら、まさにその、腐った雑巾を口に突っ込んだみたいなイヤな味覚があって、ぎょっとして、さんざん悪口言った後、なぜか夢の中では「かっぱえびせん」で口直ししていた。
その悪夢の味覚が、目覚めた後に現実に襲ってきたもんだから、まさに愕然としたというわけ。
そしてその悪夢の味覚が、今の今も僕を襲い続けているというわけ。(涙

まったく、イヤになります。
いつになったら消えるんだ、この臭い。(怒
スポンサーサイト
訃報ラッシュ/亀田/体調メモ 
2006.12.20.Wed / 22:11 
いろんな人が死んだねえ、今日。岸田今日子に青島元都知事に・・・カンニングの中島、か。
「WEBダ・ヴィンチ| カンニング竹山隆範の現代日本への警鐘 その64」

そして例えば人間が死ぬと言うことは、ほぼ大半は無念の死を迎えるのだ。人生を謳歌して自分の死を迎えられる人なんてそんなにはいない。病気や交通事故、事件等にまきこまれたりで無念のうちに死んで行く

この文章は相方の中島の死を受けて書かれたものではなく、12/7日付けでぐうぜん書かれたと思しき連載コラムの最新稿なんだけど。結果的には、皮肉なくらいに痛烈に、今日の事態を考えさせる一文ということになってしまった。
あるいは、この文章を書いていた時点で、すでにただならぬ状況にあったのかもしれないね。この連載コラムは基本的に週ごとに更新されているのに、この稿が書かれた翌週の12/14は「都合によりお休み」で、そして今日の中島さん死去の報につながっていくわけだから。

寂しいだろうな。自分の中にたしかにあった一つの時代の面影が、もろともにこの世から駆け去っていってしまったような、救いようのない虚脱感だろうな。
中島さんご本人の無念もさることながら、僕にとっては竹山さんの方が見る機会が多くて印象が強いので、ついあれこれと想像して気にかけてしまいます。
踏みとどまって、なんとかがんばってってほしいものだけど。


よかったねえお兄ちゃん。
「WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ~亀田のけんか祭り~」
勝つだろうとは思っていたけど、コンディショニングの失敗とかは常にありうることだから、少しだけ不安もあった。今回ばかりは、たとえ風邪をひいて負けたって、これまでの経緯からすれば、安易なアンチ層に火をつける結果になっちゃって、ボクサー生命の危機は免れないだろうと思っていたから、そういう事態にならなくて本当によかったよ。

内容的には、たしかに「圧勝」でした。平明にものを見られる人は、これで100%彼をチャンピオンと認めたはず。やっと、余計なことを考えずにボクシングに集中できる環境が戻ってくるわけだね。
個人的には、減量のコツがつかめたからといってこの階級に定住しないで、早いところ元の階級に戻した方がいいような気がするな。

※※※※※


今日は治療に行ってきた。それでなんとなく少し落ち着いたような気がして、日記なんか書いてみてるけど、どうだろうかな。
昨夜は、未明になって熱が上がり、8度6分に達してだるくて仕方なく、不安だった。必死で布団をかぶって昼まで寝ていたら、8度1分まで下がっていたけど、念のために頓服を飲んで出発。運がよかったのは、この日は1週間ぶりにお腹が下ってなかったということ。

行きも治療中も帰りもずっと怠かったしずっと不安だったけど、何はともあれ、帰宅後にここ2日喉を通らなくなっていた蕎麦を食べてみると、お椀半分をちゃんと食べることができた。その後、亀田のボクシングなどを見てるうちに頭痛が強まってきたので頭痛薬を飲んだもののなかなか治まらず、さっきから保冷材をタオルで巻いて鉢巻状にして押し当てている。その甲斐があってか、さっきからさほど気にならなくなってきている感じ。

あとは、明日以降の様子次第だな。Wさんは楽観してるみたいだったけど。
まさかこの年末に及んで、丸1週間がきれいに消えてしまうとは思わなかったけど、1週間消えてしまったいま考えるべきことは、この1週間を10日や2週間にしてしまわない工夫の方だろう。
明日以降、ちょっとは動けるようになるといい、と思う。あと、治療レポートとか母への借金の返済とか弟への電話代の支払いとか、いろいろさしつかえてる業務(?)があるから、そこらへんを早いところやっつけとかないと、いろいろわけがわからなくなってくるし。

まあとにかく、できることからがんばってみよう、明日の調子が悪くなかったら。パソの画面をさっきからずっと見てるけど、気持ち悪くなる気配は今日はないようだし。
三国志IXも一昨日だったかに届いたことだし。(謎
病弱者?(ノロウイルス罹患メモ@ネガ注意) 
2006.12.18.Mon / 10:52 
以下、まずは携帯からミクシィに書いておいた症状のメモのたぐいをコピー&ペースト。

2006年12月16日 04:47
「流感に倒れる」

昼間寝てたせいもあってか眠れない…と、こういう記述を、僕はたしかに誰かのミクシィ日記で読んだことがあるぞ!(何
主な症状は、39度に迫る発熱と激しい嘔吐ほか、でした。皆さんどうぞ気をつけて。といっても、実のところ発症した昨日がいちばん酷くて、今日は比べればずっとマシ。でもそれでも辛い。
お腹が下って冷えきったようになって、悪寒じゃないんだけど寒くて仕方がないので、電気毛布を敷いて頭からフトンかぶって、秘密基地状態になってヒマつぶしの日記書きを試みている。
こういう苦境に立ってみると、まったく携帯サマサマだな。こう暗いんじゃ本も読めないし。(?


2006年12月16日 06:41

先ほど一時39.5度を記録。(汗
どうやら1つにはのぼせてたらしく、しばらくして計ってみたら39.0度だったけど。
死ぬかと思った。(弱
でもどっちにしても悪化の兆しだなあ…。


2006年12月16日 07:45

ふたたび39.5度。(バタリ
今度は電気敷き毛布のせいじゃない。脳ミソ茹だっちゃいますなこりゃ。(誰

この後、僕は間もなく母に車を出してもらって医者に行き、「ノロウイルス系のウイルス性胃腸炎」という診断をもらって帰ってきた。いわゆる流感じゃないってことはこの時点で初めて知った。

頓服薬が出たので飲んでみたところ熱は7度台まで下がり、薬が切れると共に再び9度近くなったので再度服用すると、その後は6~7度台を勝手にキープするようになったので、このままよくなるのかな、と思った。実際、ネット上の情報といい医者の解説といい、そんなに症状の長引く病気じゃないって点では一致してるようだったし、僕に至っては発症後3日目になってから病院に行っているのだし(ネット上を見ると、症状は1~2日ないし1~3日で治まるとしている解説が多い。医者は3日が目安、というようなニュアンスの説明をしていた)。

ところが。これがここから先、一向によくならないんですな。(涙
自分でも驚くことに、お腹は下ったままで頻繁に腹痛になるし、食欲がまったくないし、従って徐々に衰弱していく傾向を引きずったまま、っていう状態が長々と続いてる。長々とっていっても、まあ発症後まだ5日目だけど、たぶん一昨日のお医者もこの状況を知ったら驚くだろう。
ネット上の解説を探すと、およそこんな趣旨の解説が出てくる。『小児や高齢者・病弱者などでは重症化したり症状が長引いたりする場合があり』・・・病弱者?(オロ
いや、人一倍自覚はしてるけど、でもそういうことなのか??

ネット上の罹患した人の実例を見ても、大半は2日程度でケロッと治ってるような気配で、そろそろ精神的な落ち込みが深刻です。症状自体も相当に辛いものだし、なけなしの体力がどんどん削られていくようで。
やりきれない。(ボソ)早く治ってほしい。
明日になってもどうしようもなかったら、Wさんに電話して相談の上、場合によってはもう一度医者に行ってみるつもり。このままじゃあまりにも悲惨すぎるから。
しかも風邪まで併発したのか、ノロウイルスでは起きないはずの鼻の奥の炎症による痛みが昨夜からかなり気になる状況だったりもして、我慢も限界に達しつつあります。

どれだけの思いで、日ごろの不調に耐え続け、隙間を縫うようにしてパソ仕事して、回復を待ち続けていることかを思うと、その状況を維持することからさえも隔離されて徐々に衰弱していくかのようなこの現状は、狂い叫びたくなるほど耐え難い。
やりきれません・・・。
物欲を正当化する愚か者ひとり 
2006.12.14.Thu / 04:41 
あーあ。買っちゃったよ三国志IVとパワーアップキット(いずれもソースネクスト社による廉価普及版、計4900円@amazon)。在庫なしってことだから届くまでに1週間以上かかるみたいだけど、よその通販サイトよりは安かったからamazonで決めた。
しかしまあ。
バカなんだと思うよこの人も。(醒

強いて言い訳になりそうな事情を挙げれば、僕はこのところ毎日相当の時間をWさん指定の自己治療メニューに割かざるを得ないところがあって、そういう時間を紛らわしつつやるには、ああいう待ち時間の長いゲームってちょうどいいんじゃあるまいかと!
でもヤフー無料動画のムーミンとかホームズとかK-1とか見てればそれで充分なのじゃあるまいかとも。(凹
というか、ここ2,3日の僕には明らかな買い物依存の傾向が出てきてる感じがする。三国志に限らず。

経験的には、昨日もちらっと書いたけど、こういうときは自分を腐らせないために買ってしまった方がいい場合が多い、という程度に思っている。だって、頭の中に妄念(?)が膨らみ始めたら、そこに囚われるんだもんね。結局。
三国志だってamazonで発注するまでにずいぶんシリーズ他作品との比較とか調べに調べて、うろうろうろうろ落ち着かなかったりしたものだ。もし今までに発注してなかったら、今この瞬間だって、もう何度見たかわからないレビューサイトなんかを眺めつつぼんやり考え込んでいたかもしれない。

そういうときは、買う。その代わり、せいぜいほかもがんばれ、と自分に言う。
というのが、少なくとも2,3万円程度までの価格帯のものであれば、正しい場合が多いと思っているのです。
現実として、今の僕はまだ生活費を親に依存しているしね。そういう褒められない条件も、むしろ生かしてしまうべきだと僕は思っている。今のところ。
でも果たして、「ほかをがんば」れるのか、僕?
そこまでネガじゃないことも書いてみんとてするなり 
2006.12.13.Wed / 03:58 
最近見ているヤフー無料動画へのリンクを2つほど。例のムーミンは今も見てるけど、以前にも2,3度紹介してるので今回は省略。


まずは知る人ぞ知る宮崎がらみのアニメ作品、犬のホームズが主人公の物語。今のところ最初の6作品のみの公開。
アニメ「名探偵ホームズ」
何よりも、この作品はオープニング/エンディングテーマが素晴らしい。それだけでも見てみる価値はあるってくらい。

肝心の作品に関していうと、実は第1作を見たときに、うわあ時代を感じるなあ、ストーリー的には寄せ集めのバラバラの子供だましじゃないか、と思った。でも、少しして第2作目を見るとそんなに悪くなくて、3作目もきょう見てみたらいいセン行っていた。
どうやら時代がどうしたとかじゃなくて、単に顔見せ興行(第1作目)がコケてただけだったっぽい。このシリーズは。
なので見る人はぜひとも、第1作の出来の悪さには目をつぶるつもりでよろしく。


そしてもう1つは、K-1の歴史を紐解く特集シリーズ。
「K-1 BATTLE ARCHIVES」
一目見て懐かしさを覚えるファイトもあれば、話に聞いたことさえない民放未紹介と思しきレア映像もある。アンディ・フグなんかもちゃんと出てくる。
格闘技に限らず、スポーツは生もしくは生中継じゃないと見る価値が激減するし、さらにあらかじめ結果がわかってると興が醒めるものだけど、なんだかんだいっても見てれば手に汗握ってしまいます。

やっぱり、達人たちの対峙する姿とその空間には、ほかでは味わえない特別なものがある。
K-1だけじゃなくPRIDEでもやってほしいけど、フジテレビと喧嘩別れしてからこっち一般的な意味では存在感が薄くなってるから、ちょっと難しいかな。

※※※※※


実に困ったことに、僕はKOEIの「三國志IX」というゲームが欲しくなりつつあるようだ。
もう古いゲームだから、セキュリティソフトなんかで有名なソースネクストという会社から廉価版が出てて、そっちだとパワーアップキットという事実上必要不可欠なオプションアイテム(それがないとパソがバカすぎてゲームとして成立しない、という恐ろしいシロモノ)を一緒に買ってもamazon価格で合計4900円。価格的には、これなら申し分ないくらいに安い。

ただこれ、恐ろしく時間を取られるゲームなんだよな・・・よくわかってるんだ、3~5まではスーファミ版とセガサターン版でやってたから。(笑)
今みたいにどうにもならない不調の時期が、まだしばらく続くのであれば、不毛だろうと何だろうと楽しむ工夫もした方がいい。でも、ちょっとは動ける時期が目前に来てるとしたら、とんだヤブヘビってことにならないとも限らない。ヤブヘビっていうのはつまり、もっとほかのことだってできるのに、つい何時間も何時間もゲームしてしまった、というような。
どうしようか。(悩

そもそも、僕はこの手の迷いに襲われたときは大抵、後先考えるのを放棄して楽しむという選択をするのがお決まりで、それこそが自分自身をひねこびたつまらない挫折者みたいな人間性に落としこまないための唯一の方法だというような哲学さえ持ってる。
事実、ここだけの話、そういうリクツで過去には実にいろいろなものを買っている。
だから、今回もきっと買うんだろうな、・・・しかし大丈夫かなあ。この人。(他人事か


今日の体調は相変わらずで、パソ仕事くらいしかしてないに等しいけど、その労働時間は1時間未満。明日の治療で少しでも好転することを願うのみ。
髪が伸びたのでそろそろ切らなければならない。晩酌のウィスキーも足りないから、これは明日の帰りになんとしても酒屋に寄らないと。
寿命が来てしまったバッグと上着も買わなきゃいけないと思っているけど、それより先にギターを修理して、それでいくらくらい取られるかによって出す金額の上限を決めようと思い始めた。なのでまず先にギターを修理に持っていかなきゃならない。考えている工房は、シンドウさんに以前薦めてもらった宮田工房(注:東京都清瀬市。同名の工房はほかにもあるようだけど)。

バッグに関しては、下の2つのどっちかをと考えてる。上が分相応な価格と思うもの、下はじゃっかん奮発しすぎと思いつつ興味を持ってしまったもの。
「BAGGY PORT(バギーポート)ショルダーバッグACR-459」
「CORBO.(コルボ)ショルダーバッグ8JD-9607」
「CORBO」はカラスって意味なんだってさ。(ウキウキ ←変
それぞれカラーバリエーションがあるけど、前者はベージュ(3番目のやつ)を、後者はダークブラウン(いちばん上のやつ)を念頭に考えている。
これはやめておいた方がいいとか、好きだとか嫌いだとか、何かご助言あればどうぞよろしく。

しかしパソ仕事を進めるにもギターを持っていくにも、まずは体調がこの1ヶ月ばかり続くドン底状態を抜けてくれなきゃどうにもならないから、苦しいところ。いくら具体的に考えてみたって、身体が動かなければ実行ができないので意味がない。
だから、だからこそ、明日の治療に期待。という一見バカみたいに受け身な選択に甘んじざるを得ないというわけだ。
何はともあれ、明日は歯を食いしばってでも治療に行ってこよう。
体調メモ(ネガ注意) 
2006.12.11.Mon / 04:45 
とりあえず1行目を書いてみないことには。(ひとり言
ここしばらくの不調は、基本的に寝起きの異常な倦怠感に始まる計り知れないほどの怠さと無気力、および漠然とした鬱傾向、だったわけだけど、実は1週間ほど前の時点でそれは僅差で改善した。
・・・ああ文章力ないな。
改善したといっても、起床のベルが鳴ってからベッドを離れられるまでに要する時間が平均3時間だったのが1時間半程度に短縮された、って程度の改善だけど、しかし1時間半の違いは大きい。
でもそれと入れ替わるようにして襲ってきたのが、生まれてこの方経験のない強い肩凝り。

初日は右肩で、痛みは多少強かったけど、それまでもまあ、身に覚えのあるレベルだった。もともと、そんなに肩凝りが酷いってタイプでもない(極度に慢性化してる人は感じない、って説もあって、Wさんはまさにその考え方だけど)。
ところがその右肩凝りが、翌日から左肩の肩凝りに変わって痛みが強くなり、翌々日にはさらに激化。さらにその翌日には、肩の痛みはやや軽減したかのようだった一方で、首の左側にそれ以上の痛みが発生して(寝起きに起きたなら寝違いを疑うとこだけど、この痛みは日中に徐々に顕在化したのでおそらく寝違いではない)、いつしか左耳の下あたりまで痛くなり。
そういう状態で、先週の水曜には治療があったので期待してみたものの、事実上軽減はないに等しいまま帰ってきてしまってさらに精神的に疲れ。

・・・という経緯で、およそ今日という日を迎えるに至っているというわけです。
日記を書くゆとりがないのも頷けようってものだ、我ながら。
その後、ここ数日は徐々に首の痛みは軽くなりつつあるようだけど、極度の無気力は相変わらずで、要するに何もできていない。労働時間も1日0~4時間ちょっと、という範囲で、アベレージがたぶん2時間ちょっと。だからといって当然、代わりに何ができているわけでもない。
だいたい、「仕事が気乗り薄ではかどらないから、ちょっと趣味の時間を増やしてリフレッシュ」なんて言ってられるのは、それは無気力ではないし鬱でもないから。(笑)こういうものは経験しないとわからない。一身上に降りかかってみないと、決して。

・・・ネガ過ぎる気がして読み返したいのだがゆとりがない。とかいいつつセコセコと実際は読み返しているのだったりするのだが。
でも読み返してみてもあまり内容が頭に入ってきていないやうだ。
ひとつにはもう深夜を通り越して早朝だからだろうか。(ボソ
・・・。
以上、近頃の体調問題と日記が更新できない理由についての声明でした。(疲

※※※※※


その他、余力があれば本当は書きたい内容についてちょっとメモ。
「政治/社会的なものごとに対してほとんど興味が失せていることと、その理由についての考察」。
短くいえば、こうなるのは必然だ、という意味で納得している。永遠にそのままでよしとするか否かってことについては今後の課題として置いとくとしても。
政治的な物事について多少論じられるくらいでないと人間としてダメ、という社会的インテリ層の常識に僕は組しない。

・・・ということについて書きたいけど、到底うまく書ける気がしないので今日は見送る。
| BLOG TOP |

プロフィール

鴉

  • Author:鴉
  • サイト引っ越しました。・・・もうだいぶ前に。(コソ
    ご興味のある方はサイト名で検索してみてください。
    たぶん出る。

    <おことわり>
    最近になってコメント等くださってた方はすみません。受け付け停止をセットしたら表示もされなくなってしまったようです。
    FC2ブログの仕様っぽいのでご容赦のほど。(汗

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 Diary All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。