ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
phpMyAdminのパスワード変更に伴う混乱について&例によってグチ 
2007.02.25.Sun / 05:24 
僕らしくもなく、他人のためになる(かもしれない)ことをメモしておきます。
今の今まで苦しみ抜いたささやかな大問題──phpMyAdminの操作系統で「意図しないパスワード変更」をしてしまい、直後に強制的にログアウトさせられた挙句、旧パスワードでも新パスワードでも再度のログインが受け付けられなくなるという怪現象について。

この現象に直面したことがない人にとっては、こんなこと書いておいたところで「ナニ言ってんのこのプログラム音痴?」って印象だろうということは百も承知です。
でも、今まさに同じ現象に直面してる人がいるとすれば、この文章に出会って幸運だったってことになるかもしれないと思うので、そういう人のために書く。
というか、そういう人じゃない限り、この文章は意味もシチュエーションも何もわからないだろうから(この時点ですでに「???」って状態のはずだから)べつに無理して読まなくてよいです。
で。何はともあれ、上記のような怪現象に出くわして頭を掻きむしり、検索に検索を重ねてこのページにたどり着いた方には、以下のような作業をお薦めします。

1.Windowsのコマンドプロンプトを起動
2.「cd C:\mysql\bin」と入力しエンターボタン
3.mysql -u [ログインしたいユーザー名] -p」と入力しエンターボタン
4.パスワードを訊かれるので、旧パスワードを入力しエンターボタン
5.無事ログインできたら(できなかったらごめん、ほかの方法を探してください。僕はこれでできたので)「SET PASSWORD = password('[新しいパスワード]');」と入力しエンター。この「新しいパスワード」は旧パスワードと同一でも全然問題なし。
6.「exit;」エンターボタン。するとmysqlへのアクセスが終了するもののコマンドプロンプト自体は終了しないので、再度「exit;」エンターする。するとコマンドプロンプト自体が勝手に閉じる。
7.先ほど設定した新パスワードを使ってphpMyAdminへのログインを試みる。

実用的メモは以上。
役に立った人はここで回れ右して自分の作業の続きでもやりたまえ、ここから先は僕はただひたすらにグチるから。


やれやれ。殺意のカタマリのようになりつつあった数時間の格闘の末に、ようやくトラブル脱出だよ。
プログラミングってやっぱり身体に悪いね。ここ数日は英作文プログラムをひとまずお休みして、自分のサイトの再建にかかりきってるんだけど、それでもなお。
体力なさすぎて外向きのアクティブな努力が一切できないということがひたすら辛いです。歩こうと何しようと体力もつかないし、疲れはたまるし、コンディションのアップダウンさえ少なくなってくれないし。やりたいことをやろうにも努力の維持ができないし、それがある程度できている時期でさえ、楽器の演奏なんかに関しては成長がゼロに等しい。・・・という身体的制約を負っているということを考えてもみてくれ。

幸か不幸か、ギターはまだ修理中だから手元にないけど、そういうことを思うと、これから先の人生がものすごく重く感じる。
身体が治らないのならこんな苦闘を続ける意味はない。まだ年単位でかかるのか、と訊いたらWさんは「そんなことはないと思うけどね」と言っていて、そのこと自体は希望的材料と僕は評価してるけど、ただこれまでも読みが常に外れてきたWさんのことだから今度もどうか。
15年以上にわたって、模索に模索を重ねて打てる手は全部打ち続けながらも、なおかつ「苦しいだけ」であるという現実に耐えてきたけど。
でも結局、耐えるということは傷つく、疲れる、ということだ。

こういう疲れの感覚は、たとえばごく非人文的な感覚の持ち主であるWさんにはわからない。でも、こういう疲れが悪くすれば人を殺すほどのものだということを僕は知っている。
急いでほしい、と思う。急いでるんだろうけど。実際、ずいぶん僕にかけてくれてる治療時間はほかの(有償の)患者さんたちより長いように思う。
でも、なおかつ、急いでほしい。
ポルダーの堤防の破れ目を見つけて腕を突っ込んだマヌケなオランダ人少年にまつわる作り話が一昔前の道徳の教科書に載っていたけど、あのマヌケでさえ僕の記憶によれば半日もしないうちに大人どもに救われてるんだから世話はない。

持病に襲われたとき、僕は13歳だった。今は29歳だ。
何ひとつ思うに任せない現実と戦いつつ、卑屈さを嫌い、石に齧り付くようにしてプライドを保ちつつ、将来を期して自分に期待しつつ、しかし努力ひとつ思うようにはできないまま、なおかつ待つということを、長年月にわたって続けることは身体に悪い。
僕にはこの歳月は重過ぎる。
急いでほしい。もっともっと。
スポンサーサイト

プロフィール

鴉

  • Author:鴉
  • サイト引っ越しました。・・・もうだいぶ前に。(コソ
    ご興味のある方はサイト名で検索してみてください。
    たぶん出る。

    <おことわり>
    最近になってコメント等くださってた方はすみません。受け付け停止をセットしたら表示もされなくなってしまったようです。
    FC2ブログの仕様っぽいのでご容赦のほど。(汗

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索


CopyRight 2006 Diary All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。